土壌の栄養分

7 の用例 (0.00 秒)
  • 風や雷を吸収して、土壌の栄養分を増幅させるエネルギーへと変換する能力を持つ。
  • その理由は土壌の栄養分が極めて乏しいこと、塩害が発生しやすいこと、降雨量が少ないことの三つである。
  • 但し、同じ畑での連作は土壌の栄養分が乏しくなり黒豆の生育に影響を与えてしまうことから黒豆を生産した畑の翌年は米の生産を行うなどして輪作する農家が多い。
  • 国土の低地では、これまで耕作が続けられてきていること、また燃料として牛馬の糞などを原料にした肥料を用いていることから、土壌の栄養分が漏れ出す結果となっている。
  • 本来の植生は木材や薪の切り出しによって失われ、落ち葉や草の類も田畑の肥料として搬出されてしまった為に土壌の栄養分が乏しくなり、痩せた土地でも生きられるアカマツが優勢となってしまったのである。
  • かつて野付湾周辺を牧場開発したことにより、治水能力の低下による淡水流れこみと、土壌の栄養分低下からホッカイエビの漁獲高が激減したが、20年以上に渡り植樹と資源保護に努めたことにより現在は戻りつつある。
  • たとえば土壌の栄養分が乏しく、乾燥、酷寒、強風などの厳しい気候、あるいは樹木を傷める動物や昆虫などにさらされている場合である。