土壌の保水

6 の用例 (0.00 秒)
  • 地域固有の植物相は土壌の保水力を上げる役には立っていない。
  • 土壌の保水性や透水性の計測のために給水装置に用いられている。
  • 台地上の水源が乏しい上に土壌の保水力が低く農耕が困難なため江戸時代初期までは荒れ地であった。
  • 当時の黒部川扇状地は市場から遠く、寒冷な気候や土壌の保水力が弱いことが要因だとしている。
  • しかし海河の他の支流同様に子牙河も、上流での農業用水や工業用水の取水量の増加、雨量の減少、植生の破壊による土壌の保水力の低下で川の水量が減少し、夏季以外はほとんど水の流れない川になっている。
  • 更には、下水溝氾濫防止のため集中豪雨を緑化場所で多く保水する土壌の保水定量を精査し審査基準を高くしている自治体が増えてきている。