土壌である

82 の用例 (0.00 秒)
  • この地域の土壌は1万年前より新しいもので、今でも未熟な土壌である。
  • そこは肥沃な土壌であり、狩猟できる動物が居り、水が容易に得られた。
  • 酸性土壌であることに加え寒さが厳しいため、耐寒性の作物が栽培される。
  • マニトバ州の西部でも似た様な土壌でありここでは草本と競合する。
  • ともかく優秀な人間が育ちにくい土壌であることは確かだ。 海原育人『ドラゴンキラーいっぱいあります (shift JIS)』より引用
  • 両者の多くは肥沃な土壌であり、収益の豊かな農耕地となっている。
  • 農業を語る上で欠かせない要素のひとつが土壌である。
  • 保水力が低く肥料を保持しないため農業には適さない土壌である。
  • だが、咲いた花がそうとしか見えなくとも、問題とすべきは根であり、土壌であった。 田中芳樹『銀河英雄伝説 09 回天編』より引用
  • 州の東半分は大西洋岸平原にあり、大変平坦な地形と砂や泥の多い土壌である。
  • エラズーの地域は鉱物資源に富み、健康的な気候で、豊かな土壌である。
  • そもそも関東の教団は、善鸞の事件もあり、異義が発生しやすい土壌であった。
  • この土壌は水はけが良く、花崗岩の沖積層から出た中間的粗さの土壌である。
  • le Secとは、水路がない乾いた土壌であることに触れている。
  • 一般的に、この容量が大きいほど養分の保持力が大きいといわれ、肥沃土の高い土壌である。
  • かつては天竜川が区のほぼ中央部を貫く形で縦貫しており、そのため区域の大半は砂礫質の土壌である。
  • アイルランドにおける経済資源の中核をなすのは肥沃な土壌である。
  • それは、女が母となって人間の世代を絶やさぬ豊かな土壌であるというところから云われるのであろうし、また、大地は一応うけ身におかれているということからでもあるだろう。 宮本百合子『世代の価値』より引用
  • ここに、われわれの新劇がまだ手をつけるべくしてつけかねた広く、そして豊かな領域があるのであつて、それは現代欧米演劇の尖端がほとんどそこに根をおろしてゐるらしい一つの伝統的な土壌である。 岸田国士『未解決の問題』より引用
  • パラディソが町で最も普通に見られる土壌である。
  • 次へ »

土壌である の使われ方