土壌

全て 名詞
4,673 の用例 (0.02 秒)
  • 地球上の植物は、それと成長の土壌を争うことができなかったと見えた。 ウェルズ/宇野利泰訳『宇宙戦争』より引用
  • 父親が月の土壌改良に成功したことから、月世界で統治者の地位につく。
  • 皮肉なことにその土壌を野々村自身がととのえてやったのかもしれない。 森村誠一『生前情交痕跡あり』より引用
  • 試験という精神的緊張がこの種の直観像を形成する土壌となっております。 森村誠一『野性の証明』より引用
  • そこへ、土壌汚染の可能性があるから調査をした方がいいと勧められる。 宮部みゆき『名もなき毒』より引用
  • 前向きの正の生命エネルギーは、困難という土壌の中からこそ生まれる。 茂木健一郎『思考の補助線』より引用
  • かれは文学の土壌ともいうべきものにはじめてこの時期にぶつかった。 吉本隆明『悲劇の解読』より引用
  • つまり共産主義はまだ日本の土壌どじょうの上にの根を持ってはいないのだ。 石川達三『青春の蹉跌』より引用
  • 田んぼの土壌改善工事が行われて、地面を深く掘り返したことがあった。 浜崎達也『絶対少年 ~神隠しの秋~穴森 携帯版小説 第01 06章』より引用
  • また根の周囲の土壌どじょうの質や水分供給の差異によるとも思われなかった。 寺田寅彦『破片』より引用
  • 腐った土壌に根を張るより、根なし草であり続ける虚無を選択したのだ。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • 処が吾々によればどの価値も云わば土壌から生えて来た樹の分枝なのである。 戸坂潤『現代唯物論講話』より引用
  • 農耕に適した土壌と豊かな河川水によって、人口のほとんどが集中する。
  • また有機物の量が少ないため、長期間使用すると土壌障害の原因となる。
  • それは粘土にしろほかの感心しない土壌にしろ地面の地域であった。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • 私は又その河の両岸をなす土壌の何物であるかをも知らない。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • 土壌は褐色森林土が大部分を占めており、一部地域に沖積土がみられる。
  • そして怨霊が現れてくる土壌とはこういう人間界のおぞましさだと思った。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 土壌動物はサイズ別に大型・中型・小型にわけて類別することが多い。
  • この草は、ほかの草の生えていない土壌でないと毎年種が定着できないから。 カーソン/青樹簗一『沈黙の春』より引用
  • 次へ »