土台とする

27 の用例 (0.00 秒)
  • 聖書を信じる信仰を土台としており、「科学は道具にすぎない」とする。
  • まずは、幹線道路とさまざまな土地の改良を土台とした政策に着手した。
  • これらの規定によれば、北朝鮮の標準語は平壌語を土台としていることになる。
  • これに対してマケドニア語標準形はプリレプの方言を土台としている。
  • 口から一番下までの長さを土台とすると、次のものは、、といった長さのところにくる。 片山泰久『量子力学の世界』より引用
  • セリ族社会は親族の権利、義務関係を大きな土台とする社会である。
  • 進化的音楽は遺伝的アルゴリズムを土台とした作曲法で、進化的計算を用いて曲を生成する。
  • 初期には人間性や生命力を表現する詩風だったが、のちにローマカトリックの信仰を土台とした基督教的な愛の世界や倫理意識を表現する詩風となった。
  • 前者はロシアを舞台にした冒険小説で思軒の出世作ですが、他人の訳を土台としたものです。 中村光夫『明治文学史』より引用
  • 国民会議は綱領で党の立場についてと公正な市場経済を土台とした中道国民政党と位置づけた。
  • なぜなら、誇張した判断といえども、まず精密な測定を土台とするのだから。 コンラッド/井内雄四郎訳『密偵』より引用
  • それに菓物の味は格別で、西洋菓子はおもに菓物の味を土台としますから何百でも何千でも変った種類が出来ます。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • どの国もその石油を売って自国の経済の土台としている。 片岡義男『日本語の外へ(上)』より引用
  • 改良型EF58形では台車枠を土台とする古い構造自体に変化はなかったが、先輪上のデッキを廃し、車体を先輪上の車端いっぱいにまで延長した。
  • 欧州・地中海自由貿易領域はバルセロナ・プロセスや欧州近隣政策を土台としたものである。
  • しかも、基礎的な文学の勉強は組織的に行われていず、党大会の前に作家団と作家団との間に行われ「ラップ」の内部にも行われた社会現実を土台とした意味深い文学上の理論討論について、或る研究会では何にも知らなかったという実例があった。 宮本百合子『ソヴェト文壇の現状』より引用
  • 干潟に建物を建てるため、大量の丸太の杭を打ち込みそれを建物の土台とした。
  • 基本的に中医学では李時珍の『瀕湖脈学』を基調としていると言われるが、これは中医学が明清代の医学を土台としているからである。
  • にもかかわらず、それらが彼の新理論に根ざすように思われる真実を土台としていたおかげで、フォーグラーが音楽理論の進展に大きな影響力を行使できたのは疑いのないことである。
  • この案はアラブ側からも、シオニスト会議からも拒絶されたが、どのような形であれユダヤ国家建国を求めるユダヤ人側はこれを今後のイギリスとの交渉の土台とすることを受け入れた。
  • 次へ »