土俵上

158 の用例 (0.00 秒)
  • 土俵上で敵と当たった瞬間、体中に電気が走りほとんど失神同然になる。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • 人気力士の土俵上での取組み、またその日常生活などを描いたものを指す。
  • 土俵上の怪我ではないため、当時設けられていた公傷制度は適用されなかった。
  • なお、土俵上は女人禁制であるため、授与する人物は男性に限定される。
  • 土俵上の力士の動きをも、ほとんど気にかけなくなったことがそばにいてもわかった。 北杜夫『楡家の人びと (上)』より引用
  • 土俵上の戦いを見ていて、千代の富士の左腕がぬける一瞬を見たのだ。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • またこの問題により不戦勝も土俵上の勝利と同等に数えることが確定した。
  • なお、かつては女相撲の興行もあり、実際に土俵上で行われていた。
  • その場合、土俵上ではないため女性も鋏を入れることができる。
  • 日常での気分の発散を、土俵上に求めているのかもしれない。 星新一『きまぐれフレンドシップ PART1』より引用
  • 土俵上では敵同士とはいえ、横綱の東西を支える男二人には強いきずながあった。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • 土俵上は女人禁制のため鋏を入れられる者は当然男性のみである。
  • また土俵上だけでなく悩みがあったときには、この2人は励まし合っていたという。
  • 能の研究家でもあり、土俵上の所作にもその影響がみられるなど、個性派の一人であった。
  • 角田は見るともなく土俵上に目をやり、顔を強張らせていた。 もりたなるお『金星 相撲小説集』より引用
  • 相手の力が加わらぬままバランスを崩し、土俵上に手をついてしまうことを言う。
  • これらの人たちは四股名より土俵上の実績で名が残った。
  • 土俵上では見られなかった顔である。 もりたなるお『金星 相撲小説集』より引用
  • 当然、貴ノ花の上半身は土俵上まだ30センチぐらい上方に浮いている。 近藤唯之『勝負師語録』より引用
  • スポーツ科学的には、両手を土俵上までおろして立つ方が威力が増大することが実証されている。
  • 次へ »

土俵上 の使われ方