土俵を踏み

22 の用例 (0.00 秒)
  • 年齢制限が3ヵ月後に迫っていた2008年11月場所で初土俵を踏む。
  • それが縁で2004年1月場所に片男波部屋に入門して初土俵を踏んだ。
  • 卒業と同時に中村部屋に入門し、1993年3月場所に初土俵を踏んだ。
  • その三年後の十七年春、十五歳の千代の山が本名・杉村の名で初土俵を踏んだ。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • 中学卒業後に間垣部屋に入門し、1986年3月場所に初土俵を踏んだ。
  • 同じ場所で初土俵を踏んだ力士に後の横綱・白鵬や幕内・猛虎浪がいる。
  • 若江口は、一緒に初土俵を踏んだ三十七人の同期生のひとりだった。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • これで五十年代に初土俵を踏んだ若手が幕内に十一人を数えた。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • そして栄中二年の夏、伊勢ケ浜部屋に入門、秋に十四歳で初土俵を踏んだ。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • 間も無く二所ノ関部屋へ入門し、1946年11月場所で初土俵を踏んだ。
  • こうした怪童のなかには、後に正式に初土俵を踏んだ者もいた。
  • 農家の三男で土地相撲で活躍し、1863年8月場所に初土俵を踏んだ。
  • 学法福島高卒業直前となる2005年11月場所に初土俵を踏む。
  • 知人の紹介で立浪部屋に入門し、1993年3月場所に初土俵を踏んだ。
  • 小錦が初土俵を踏んだのは昭和五七年の名古屋場所である。 山際淳司『エンドレス・サマー』より引用
  • 入間川部屋に入門し、1996年1月場所に幕下付出で初土俵を踏んだ。
  • 上京して二十山部屋へ入門後、1901年5月場所で初土俵を踏んだ。
  • 中学校在学中に花籠部屋へ入門し、1966年5月場所で初土俵を踏んだ。
  • 間も無く、高校を中退して同部屋へ入門し、同年5月場所で初土俵を踏んだ。
  • 同年9月場所で初土俵を踏んだが幕下付出の申請をせず、前相撲から取った。
  • 次へ »

土俵を踏み の使われ方