土下座

全て 名詞
1,082 の用例 (0.01 秒)
  • 気がついた時には真壁に向かって、土下座せんばかりの勢いで頭を下げていた。 楡周平『フェイク』より引用
  • 土下座され、できる限りのことはするから籍を抜いてくれと頼まれた。 山本文緒『プラナリア』より引用
  • 口では反抗しつつも上条はすでに土下座どげざの前段階に移行しつつある。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第11巻』より引用
  • 女を殺そうとしていた父が、その女に向かって土下座をしている。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • これだけはなれていれば、土下座をしなくとも罪にはなるまい。 上橋菜穂子『守り人シリーズ01 精霊の守り人』より引用
  • いくら土下座し叩頭していても、男が三十人と数が揃えば迫力がある。 井上ひさし『手鎖心中』より引用
  • 岩本はいまにも土下座しかねない様子で喜びと感謝を現わした。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • 生まれて初めて、人に土下座をされた艦長は、三人の心に打たれた。 三浦綾子『海嶺(中)』より引用
  • なんでもするから行かないでくれって土下座どげざして頼んだ。 つかこうへい『愛人刑事』より引用
  • 三日前、膝を震わせて土下座した男の気まずさはどこにもなかった。 奥田英朗『最悪』より引用
  • そして、これ、このとおりだ、と土下座をして床に頭をこすりつけました。 吉村達也『ついてくる』より引用
  • 建物管理会社の部長は土下座せんばかりにして訴えた。 森村誠一『自選恐怖小説集 人間溶解』より引用
  • お父さまは、学園長のもとを訪ね、土下座どげざしてお願いしたそうです。 今野緒雪『マリア様がみてる 19 イン ライブラリー』より引用
  • 翌朝、台所で目を覚ました河見は、私の顔を見るなり土下座をして謝った。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • あの時の土下座がどうも好印象を与えていたようだ。 山本文緒『紙婚式』より引用
  • 宮前孝と、彼のためにテレビで土下座までした義理の父の村下猛蔵にある。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • いまどきのむすめにとっては土下座どげざに等しい行為こういだったが、体がそう動いていた。 野尻抱介『ロケットガール 04』より引用
  • 誰もが何の疑いもなく、永井さんが土下座するのを待っていた。 吉田修一『パーク・ライフ』より引用
  • ただ一人土下座せず、直立したまま頭を下げていた柿ノ木義康が頭をあげた。 山田風太郎『幻燈辻馬車(下)』より引用
  • 大御所の上意というのだから、兄の半蔵といえども土下座せざるを得ない。 山田風太郎『忍法女郎屋戦争』より引用
  • 次へ »