土下座外交

5 の用例 (0.00 秒)
  • この約束は帰国後「土下座外交」と批判を浴びた。
  • しかし、一方で他国に過大な配慮を行っているとの批判もあり、全方位土下座外交と呼ばれる事もある。
  • 一部左翼と保守勢力が頑なに否定してきた日本人拉致問題などでの従来の日本政府の外交政策における姿勢や中国・韓国への『謝罪外交』を弱腰、土下座外交として批判している。
  • 冷戦の終結・東欧革命によってソ連は東ヨーロッパでの覇権を失い、各国からの撤退を強いられた軍部や生産縮小を強いられた軍産複合体の中にはゴルバチョフやシェワルナゼへの反感が強まり、新思考外交を「売国的」「土下座外交」と批判して、共産党内の保守派と接近した。
  • この間、自民党内のタカ派を中心に「屈辱外交」「土下座外交」と罵声を浴びせられ、また中国側からも「佐藤の弁護人」「佐藤と結託」という言葉を投げつけられながら、日中間の細くもろいパイプを、ほとんど孤軍奮闘でつなぎ止めていた。