土下座をするよう

6 の用例 (0.00 秒)
  • ボールはお辞儀をするどころか、土下座をするようにがっくりと落ちる。 ヒキタクニオ『消し屋A』より引用
  • なにやら嫌な予感を感じながら、土下座をするような格好でベッドの下を覗き込む。 松野秋鳴『えむえむっ! 第02巻』より引用
  • 死ぬ筈はないから安心しろといくら慰めても、今度はきっと何か変事があったような気がしているからどうぞ死骸だけでも捜してくれと、婆は皆の前へ土下座をするようにしてたのんだ。 宮本百合子『貧しき人々の群』より引用
  • 千曲川に沿った小さな平野が村を包んで静かに日がくれかけていたが、陣屋の下役は固より、村方のものが大勢まるで土下座をするような恰好で迎えていた。 子母沢寛『父子鷹 上巻』より引用
  • なお、『MvC2』のみ全キャラ統一の奴隷の姿になる仕様で、攻撃ボタンを押すと土下座をするようになっている。
  • 台所の土間に土下座をするようにして、顔もあげ得ずまごつきながら、四俵のはずのところを二俵で勘弁してくれと云う禰宜様宮田を、上の板の間に蹲踞しゃがんで見下していた年寄りは、思わず、 「フム、フム」 とおかしな音をたてて鼻を鳴らしたほど、いい御機嫌であった。 宮本百合子『禰宜様宮田』より引用