土下座をする

22 の用例 (0.00 秒)
  • 顔中をぼこぼこに変形させた啓太けいたが床の上で深々と土下座をしてみせた。 有沢まみず『いぬかみっ!03』より引用
  • 先輩は即座に部長と香奈に土下座をしてみせ、さらに皆の笑いを誘った。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • 女を殺そうとしていた父が、その女に向かって土下座をしている。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • これだけはなれていれば、土下座をしなくとも罪にはなるまい。 上橋菜穂子『守り人シリーズ01 精霊の守り人』より引用
  • そして、これ、このとおりだ、と土下座をして床に頭をこすりつけました。 吉村達也『ついてくる』より引用
  • 翌朝、台所で目を覚ました河見は、私の顔を見るなり土下座をして謝った。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • 浅原は襟をつかんだおれの手をふりほどくようにして、土下座をした。 勝目梓『抱け、そして撃て』より引用
  • そうしながら、この土下座をしてみせるために俺を部屋に入れたのだろうかと彼は考えていた。 東野圭吾『秘密』より引用
  • ボールはお辞儀をするどころか、土下座をするようにがっくりと落ちる。 ヒキタクニオ『消し屋A』より引用
  • そこでその場に土下座をすると、必死にすがるような声で言った。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 行逢う人達が御紋服におそれて、道をよけて土下座をするものなどもある。 子母沢寛『父子鷹 下巻』より引用
  • また、近代まで庶民が貴人に面会するときも土下座をするのが通常であった。
  • 写真の前で土下座をし、エルフェールはふたたび額を床に何度も打ちつけた。 定金伸治『ユーフォリ・テクニカ王立技術院物語』より引用
  • 上京してきた隆の母の指の欠けた手を見て、拓は土下座をして許しをうた。 石原千秋『ケータイ小説は文学か』より引用
  • あの場で簡単に土下座をしてしまった、自分自身にだ。 片山憲太郎『紅 第02巻 ~ギロチン~』より引用
  • もはや疲れ果てた秀三は、頭を下げるのも土下座をするのも抵抗はなくなっていた。 岩井志麻子『合意情死 がふいしんぢゆう』より引用
  • むしろ、隣で寝ている黒猫の中身に土下座をしてでも頼まなければならないことだろう。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • すると突然、彼は路上にひざまずいたかと思うと、私に向かって土下座をした。 梅宮アンナ『「みにくいあひるの子」だった私』より引用
  • 僕は今から姫路さんに土下座をしてさっきの記録用ハードディスクを設置し直してもらうから! 井上堅二『バカとテストと召喚獣 06』より引用
  • 低い丸椅子に座っている小日向に向かって、岩田は土下座をしているような姿勢だった。 ヒキタクニオ『消し屋A』より引用
  • 次へ »