国際剣道連盟

9 の用例 (0.00 秒)
  • 昭和45年、剣道の国際競技団体として国際剣道連盟が発足し、同年に第1回世界剣道選手権大会が開催された。
  • なお団体名に「剣道」が多用されているが、それらの団体の多くは国際剣道連盟や全日本剣道連盟の主張を認めていない。
  • 国際剣道連盟が国際オリンピック委員会傘下のGAISFに加盟したのは、世界剣道連盟がGAISFに加盟する手続きを取ったため、国際剣道連盟が本当の剣道の国際競技団体であることを公式に認めてもらうために加盟したともいわれている。
  • 日本武道協議会、日本体育協会、日本オリンピック委員会、国際剣道連盟にも加盟している。
  • 剣道の段級位制とは剣道の段位および級位の制度全般を指すもので、主に全日本剣道連盟や国際剣道連盟などの定める制度をいう。
  • 国際剣道連盟の段級位・称号は、全日本剣道連盟に準ずる。
  • これについては全日本剣道連盟及び、全日本剣道連盟配下の国際剣道連盟のWebページで取り上げられ、コムド団体の主張は歴史的に間違いであり、剣道の起源は日本にあると改めて発表された。
  • 国際剣道連盟は審判講習会を開き、受講を義務付けている。
  • また韓国起源説の一つの「コムド起源問題」では全日本剣道連盟及び、全日本剣道連盟配下の国際剣道連盟のウェブページで剽窃問題として正式に取り上げられるまでに至った。