国防

全て 名詞
6,430 の用例 (0.02 秒)
  • いずれにしてもこの事件により国防軍は政府内での発言力を低下させた。
  • また、首相および国防大臣には軍に対する指揮権・監督権は存在しない。
  • アメリカは当時国防費の三分の二をついやして、原子爆弾を開発していた。 つかこうへい『愛人刑事』より引用
  • それは親衛隊が国防軍に対して絶対的な優位を確立したことを意味した。
  • そして国防委員会には国家の重要政策の決定権が付与されることになった。
  • 自然科学の目的は云うまでもなく国防の手段などにあるのではない。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • たゞいまは国防国家に必要な国民を作るといふ方向にすべてがなつてゐる。 岸田国士『宗教と科学についての所感』より引用
  • これに目をつけたドイツ国防軍はロケット技術の開発を進めることになる。
  • お偉方というのが国防委員会なのか統合作戦本部なのかはわからない。 田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 02 ユリアンのイゼルローン日記』より引用
  • 彼らは最前線から国防委員会事務局に至る各方面に分散して配属された。 田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 04』より引用
  • らちもないことを言って、国防委員長は意味もなく広い会場を見渡した。 田中芳樹『銀河英雄伝説 01 黎明篇』より引用
  • さらに後継の国防大臣を任命せず、直接国防三軍を指揮すると宣言した。
  • しかし国防軍は親衛隊の軍隊化を徐々に警戒するようになりはじめた。
  • 即ち高度国防国家を一日も早く建設しなければならないのである。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • 大本営が絶対国防圏域放棄を正式に決定したのは、六月二十五日である。 角田房子『一死、大罪を謝す』より引用
  • 今日、国防なるものの意義の検討などは意味ないものとされているようだ。 戸坂潤『挙国一致体制と国民生活』より引用
  • 国防は脅威から国家を守ることであるが、そのためには手段が必要である。
  • 国防委員長がジョークを楽しむ気分にないことは明白だったからである。 田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 ダゴン星域会戦記』より引用
  • 国防の充実で待っていたのは増税による国民の苦しみだったのである。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • 何等か国防主義的な意志に進歩性を発見すると云って得意がるようなのもいた。 戸坂潤『思想議会たるを知れ』より引用
  • 次へ »

国防 で始まる単語