国語醇化

7 の用例 (0.00 秒)
  • 韓国語の中から日本語起源の単語を排除する国語醇化政策も行われている。
  • また、北朝鮮では、韓国より国語醇化が推進されているが、日本から導入された言葉は韓国に比較すると、そのまま使われている例が多い。
  • これはロシア語、英語、日本語などから導入された不要な外来語や不要な漢字語を固有語に言い換える国語醇化を推進することを主眼としたものであるが、標準語については以下のような言及がある。
  • また、外来語、特に日本語由来の単語を、朝鮮固有語に置き換えようとする国語醇化運動も行われている。
  • その要因として、社会制度の差異により諸般の社会的な用語が異なった、国語醇化により語彙に違いが生じた、という2点が挙げられよう。
  • そういった日本経由の漢字語に対しての国語醇化政策は、1948年、文教部が『我々の言葉を取り返す』という冊子を作成・配布したものが最初である。
  • 朴正煕政権の1976年以降も、自国語から適当と思われない外来語を排除し、自国固有の言葉に置き換える国語醇化運動が推進され、文化観光部に、政府・各界により構成された「国語純化運動協議会」が設置された。