国語教科書

119 の用例 (0.00 秒)
  • 第一、新聞は現代の日本人にとつての最大、最新の国語教科書なのである。 丸谷才一『日本語のために』より引用
  • 著書の記述の一部が高等学校の国語教科書や大学入試などでよく使用される。
  • 内容は日本の国語教科書に出てくるものとほぼ同じである。
  • 中学3年生用の国語教科書『伝え合う言葉 中学国語3』に採用された。
  • なぜか私の作品のいくつかが、国語教科書にのっているのである。 星新一『きまぐれエトセトラ』より引用
  • もっと言えば、国語教科書に収録された「小説」のようではないか。 石原千秋『ケータイ小説は文学か』より引用
  • 版画作品は二十数年にわたり、小学校の国語教科書の表紙に使われた。
  • 中学の国語教科書に父の作品が掲載されていたが、学校側に気を遣われたのか授業では星作品を飛ばされた。
  • 以後、国語教科書に「山月記」が多く掲載されたため広く知られた作家となる。
  • 国語教科書でもこの2者を区別して説明するものがある。
  • この時のエピソードは後に第五期国定国語教科書に「母の力」と題して紹介されている。
  • 作品の一部は国語教科書にも採用されている。
  • そして国語教科書の文体は、一国民の文体意識の規範となる性格のものである。 丸谷才一『日本語のために』より引用
  • ところで今の国語教科書はたいてい、文章にいちいち肩書をつけて分類してある。 丸谷才一『日本語のために』より引用
  • 上図および現在の国語教科書では微修正を加えている。
  • エッセイ「おばあちゃんと花」では中学生の国語教科書に採用されている。
  • なほ国語教科書にはもう一種類、戯曲仕立てのものがよく載つてゐる。 丸谷才一『日本語のために』より引用
  • 今の国語教科書はみな、小学校用も中学校用も、外国人名の表記のとき中グロを用ゐない。 丸谷才一『日本語のために』より引用
  • ところで、筑摩書房版の国語教科書ってどういうものなんだろう? 青山南『ピーターとペーターの狭間で』より引用
  • 「わたしが一番きれいだったとき」は多数の国語教科書に掲載され、彼女の最も有名な詩のうちの1つである。
  • 次へ »