国語教師

148 の用例 (0.00 秒)
  • 彼以外の魔族の様子ときたら、国語教師でもなければうまく言えない。 喬林知『今日からマ王 第02巻 「今度はマのつく最終兵器!」』より引用
  • また両親ともに国語教師であり、本好きの親の影響を受け読書家に育つ。
  • この二人のクラスを担当している国語教師に竹田は本気で同情した。 平坂読『ラノベ部 第3巻』より引用
  • 国語教師としては、漱石でも勧めてやらなければいけないか、と思った。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • 母親は、自身国語教師だったということもあり、結構教育熱心な人だった。
  • 現に国語教師はこれまでに二度、家を脱け出してきた奥さんを目撃している。 三浦哲郎『真夜中のサーカス』より引用
  • また、父親は高校の国語教師で柔道をやっており、柔道を教え込まれた。
  • それは、横浜のある高校の、国語教師の口があると言うのである。 梶山季之『わが鎮魂歌』より引用
  • 早稲田大学第一文学部卒業後、はじめは私立高校の国語教師をつとめた。
  • すると、そのことなら、まず心配がないのだと国語教師はいった。 三浦哲郎『真夜中のサーカス』より引用
  • だって、彼は国語教師が夢で会いたいと願うような生徒だから。 石田衣良『うつくしい子ども』より引用
  • 時間が経ちすぎていたのか、もう一時間目の国語教師・新田先生が様子を見に来ていたのだ。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • もし、そのとき酒を飲んでいなかったら、国語教師は腰を抜かしていたかもしれない。 三浦哲郎『真夜中のサーカス』より引用
  • 口うるさい国語教師のようなことをいってから、私は気づいた。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • 足柄竜太は引き戸をあけて入ると、目当ての国語教師の所在を確かめた。 阿久悠『続・瀬戸内少年野球団紅顔期』より引用
  • 国語教師は何かいいたそうな顔をして彼の動きを目で追っていたが、彼が椅子に座るのを見て、結局そのまま授業の続きを始めた。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • だから、いまも平の国語教師で図書担当、私とときどき顔を合わせるのである。 佐野良二『五味氏の宝物』より引用
  • プロの校正者や編集者、現役の国語教師も工作員に志願してきた。 宮川典子『青空文庫ものがたり』より引用
  • 高志は国語教師であることから優子に助け舟を出したりする。
  • 国語教師の大魔神はやたらと脱線して小説の話ばかりしたがる。 高橋克彦『緋い記憶』より引用
  • 次へ »

国語教師 の使われ方