国語審議会委員

14 の用例 (0.00 秒)
  • 歴史的仮名遣を重視する立場で国語審議会委員も務めた。
  • 当時の国語審議会委員にもこれら日本語改革論者の多数が就任し、当用漢字制定など戦後の国語政策に与えた影響は大きかった。
  • また、日本印刷学会の会長、文部省国語審議会委員なども務める。
  • 日本における外来語研究の第一人者であり、外来語に関する研究成果が多いほか文化庁の国語審議会委員などを務めた。
  • また、国語審議会委員、角川文化振興財団理事長などもつとめた。
  • 当時の国語審議会委員にも、日本語改革論者が多数就任し、漢字廃止やローマ字化など極論は見送られたものの、彼らが関与した「国語改革」が戦後の日本語に与えた影響は大きい。
  • 国語審議会委員、映倫管理委員会委員、中央教育審議会委員、日本棋院理事長など数多くの文部教育関係の審議会の委員などを務める。
  • 文部省国語審議会委員や日本近代文学館第3代館長も兼任した。
  • 国語審議会委員、日本倫理学会会長などを歴任している。
  • 財団法人癌研究会癌研究所長、日本学士院会員、日本学術会議会員・副会長、国語審議会委員などを務めた。
  • 国語国字問題に造詣が深く、フランス文学者で国語審議会委員も務めた市原豊太の薫陶を受け、第43回菊池寛賞を受賞した中村粲からは「学力もズバ抜けて居り、また正漢字・歴史的仮名遣の使用は完璧で、私の方が不明な点を植松君に尋ねる程だつた」と評されている。
  • 国語審議会委員をたびたび務めた。
  • 第5期に当たる1961年3月の総会で、国語審議会委員等推薦協議会のありかたをめぐって、対立は決定的となった。
  • この間経済団体連合会副会長、日本経営者団体連盟常任理事、経済同友会幹事、日本化学繊維協会会長、日本国際貿易促進協会顧問、通商産業省産業構造審議会委員、繊維工業審議会委員、文部省国語審議会委員なども務めた。