国語審議会会長

4 の用例 (0.00 秒)
  • また国語審議会会長を歴任し、現代国語・国字の基礎の確立に尽くした。
  • 国語審議会会長時代には漢字仮名まじり文を踏襲する発言を行った。
  • 国語審議会会長としては、それまでの国語が文語体やいわゆる旧仮名づかいを中心とし、漢字が多用されていたことなど学習が困難であるという認識から、その簡素化に尽力した。
  • 文相退任後も、帝室博物館総長・国立博物館館長を務めるかたわら、教育刷新委員会委員長として学制改革や教育基本法制定など教育制度改革に尽力したほか、国語審議会会長として当用漢字表、現代かなづかいの制定を推進した。