国語学国文学

4 の用例 (0.00 秒)
  • 事務局を京都府京都市左京区吉田本町京都大学文学部国語学国文学研究室内に置いている。
  • その後、京都帝国大学に進み、文学部の国語学国文学専攻にて学ぶ。
  • この口述筆記については4・5人の人間を試した後に旧字旧かなに慣れているという理由で京都大学文学部国語学国文学研究室に嘱託として勤務していた伊吹和子が候補として選ばれ、伊吹和子は昭和28年5月18日に谷崎と面談したあと一週間ほど試用期間として手紙の代筆や書類の整理などを行った後正式に採用された。
  • 復員後は兵庫県立尼崎高等学校にて助教諭や教諭を務めつつ、京都大学の文学部国語学国文学専攻を卒業した。