国語学上

5 の用例 (0.00 秒)
  • なお、「輪廻」をリンネと読むのは国語学上の 連声という現象である。
  • 国語学上の定説となっている上代特殊仮名遣も、宣長によって発見されたと評価されている。
  • 実際に詳しく全国の地域を行脚、調査をしてみると、京都を中心とした、同心円状に離れた同じ距離の違う地方で同一の方言が使われていたことが判明するなど、方言周圏論の検証例として「国語学上大変貴重な」調査結果を出すことができた。
  • 濁音は発音の便によるものであり、これらは広義の音便であるが、この場合は音便とは国語学上呼ばない。
  • 有坂の国語学上最大の業績は、上代特殊仮名遣における「母音調和」又はその痕跡を発見したことである。