国語学

108 の用例 (0.00 秒)
  • 日本の文献にも、国語学関係の材料として特殊なものは、さう多くない。 折口信夫『熟語構成法から観察した語根論の断簡』より引用
  • 専門は国語学であり、その生涯を通じて論文などの著作を多数発表している。
  • 以下は各言語の学習や国語学・言語学的な文脈においてのみ用いられるもの。
  • 父の跡をついで国語学を修め、「てにをは」について詳細に研究した。
  • 今日までの国語学・言語学における研究では、平安時代初期に作られたとされている。
  • 国語学や日本語教育の分野では異音を明示する用途でも使われる。
  • 専門は言語学であり、特に国語学の分野を研究している。
  • 国語学では葦男さんは年に似合わずよく出来るとのことだが。 三宅花圃『藪の鶯』より引用
  • なお、「輪廻」をリンネと読むのは国語学上の 連声という現象である。
  • また、平安時代前期の国語学史の研究の上でも貴重な資料である。
  • 以来、今日に至る「国語学」も江戸以来の膨大な研究蓄積を基礎にしている。
  • 私はここでふたたび言語学や国語学、国語史などのやりなおしをせまられた。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • 特に国語学においては、日本語の用言と助動詞がもつ語形変化の体系のこと。
  • 日本語は日本の国語であることから、国語学とも呼ばれる。
  • 角筆文献による国語学の研究を行った。
  • 士清が国語学に残した功績は大きい。
  • そうして、次男である私の父は経済学・社会工学、四男の叔父は国語学の、いずれも学者になった。 林望『テーブルの雲』より引用
  • 用途は国語学関連および日本語の発音教育などに限られ、一般的な日本語の文字表現に用いられることはない。
  • 毎週週代わりで最近流行している言葉とその用法などについて、国語学の専門家がわかりやすく解説する。
  • 明治以前の国語学史の検討から西洋言語学の批判を行い、言語過程説と呼ばれる独自の学説を建設し、国語学の分野に新たな展開をもたらした。
  • 次へ »