国語伝習

18 の用例 (0.00 秒)
  • 神田猿楽町の大成学館国語伝習所の事務見習いとして働きながら学んだ。
  • 国語伝習所は台湾における最初の西洋式学校であり、後年誕生した公学校の前身である。
  • その後六氏先生事件が発生したことを受け、1896年に国語伝習所を設置、台湾国内に置ける日本語教育を開始した。
  • 六氏先生など一部台湾人の反発による事件も発生したが、台湾総督府の教育普及政策は推進され、1896年には国語伝習所を設置するなど、台湾の教育制度を整備していった。
  • 国語伝習所は1896年から1898年にかけて台湾総督府が台湾において実施した日本語を中心とする基礎教育学制と教育施設を指す名称である。
  • 教育面では1895年に台湾総督府により台北各地に国語伝習所が設置され日本語教育が実施、その後公学校と改称されている。
  • 祖母が死去すると次姉・てるの嫁ぎ先である東京赤坂の出渕豊保に身を寄せ、国語伝習所、女子美術学校を卒業する。
  • その後「蕃地」を付近に擁する国語伝習所は次々と蕃地分教場を設置していった。
  • 台湾の主要都市に14ヶ所の国語伝習所を設置し、その周辺地域に分教場を設置するというものであり、西洋教育方式により国語を初め唱歌、算数などの教育が実施された。
  • 幼少にして私塾に学び、日本統治時代には新竹国語伝習所で日本語を学び、伊藤博文が訪台した際には通訳を務めている。
  • 日本による台湾統治が開始された翌年の1896年6月、台湾総督府学務部は日本語教育の普及を目標に「国語伝習所規定」を、同年9月に「国語学校規則」を制定し、台湾各地に14校の国語伝習所を設置した。
  • 進学先には第一高等学校等のナンバースクール、東京国語伝習所、横浜商業学校、東京専修専門学校、共学院等がみられた。
  • 日本が台湾統治を開始した翌年の1896年、台湾総督府学務部は日本語の普及を目的に1896年6月に「国語伝習所規則」を、同年9月には「国語学校規則」を発布し、台湾全土に14ヶ所の国語伝習所が設置された。
  • しかし国語伝習所は日本語普及を目的としたため、総督府は日本籍学童に対して国語伝習所の「小学分教場」または類似機関を設置、科目は日本内地と同一とし、就学年限は4年間の義務教育を実施した。
  • 翌1896年6月には、日本語の普及を目的に「国語伝習所規則」を、同年9月には「国語学校規則」を発布し、台湾全土の主要都市14ヶ所に国語伝習所を設置した。
  • 総督府は国語伝習所が成功したことを確認すると、1898年8月16日、「台湾公立公学校規則」、「台湾公立公学校官制」及び「公学校令」を発布した。
  • その後は「保甲制」を採用し、また警察の統治能力を高めると同時に監獄を併設するようになり、その他法院埔里社登記所、郵便局、国語伝習所、市場など近代的なインフラ機構が整備され、土地庁舎、林野整理、清代税制の整理を行い、「荘」、「街」、「区」の行政区域の整備を図った。
  • 総督府は国語伝習所の成功を確認すると、1898年8月16日、「台湾公立小学校規則」、「台湾公立小学校官制」、「小学校令」、「台湾公立公学校規則」、「台湾公立公学校官制」、「公学校令」を発布し、日本籍及び台湾籍の全児童に対する、公立学校での初等教育を実施することとなった。