国語の教師

76 の用例 (0.00 秒)
  • 本当は学校に勤めなくてもよかったのに、父は祖父の仕事を引き継ぐことを嫌って国語の教師の道を選んだのである。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • 辰子の傍にいた国語の教師が、辰子の声におどろいてたずねた。 三浦綾子『氷点』より引用
  • 放課後、七瀬は職員室へ行く用があり、運よく国語の教師の浜口が自分の席にいるのを見かけた。 筒井康隆『(「七瀬」三部作 3) エディプスの恋人』より引用
  • 国語の教師はその手紙を読んだ。 島田清次郎『地上』より引用
  • ある日組担任である国語の教師は授業が終ると少年を呼び一通の手紙を示し、差出人の名を見せて訊ねた。 きだ・みのる『道徳を否む者』より引用
  • たしか中学三年の時であったと思う、先生は東京高師を出て初めて私どもの竜野中学に国語の教師として赴任して来られた。 三木清『読書遍歴』より引用
  • 国語の教師だったんだけど、生理的に嫌いだった。 永沢光雄『AV女優(下)』より引用
  • それはいつか学校の国語の教師が授業中に生徒へ語つて聞かせたことであつて、私たちの右足の小指に眼に見えぬ赤い糸がむすばれてゐて、それがするすると長く伸びて一方の端がきつと或る女の子のおなじ足指にむすびつけられてゐるのである。 太宰治『津軽』より引用
  • 大垣は県立大学の文学部を卒業後高校の国語の教師になったが、たちまち問題を起した。 筒井康隆『大いなる助走』より引用
  • 元来国語の教師だったのだが、終戦直後のため英語教師が足りないので、英語がまったくできないのに科目を担当していたというのである。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • それはいつか学校の国語の教師が授業中に生徒へ語って聞かせたことであって、私たちの右足の小指に眼に見えぬ赤い糸がむすばれていて、それがするすると長く伸びて一方の端がきっとある女の子のおなじ足指にむすびつけられているのである。 太宰治『晩年』より引用
  • 数学の女教師、国語の教師、男女の音楽教師が三人、化学の教師、そしてまた詩人が二人、共産主義者の活動家が一人いた。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • そこへ国語の教師のKがはいって来た。 島田清次郎『地上』より引用
  • 中島が司会をし、国語の教師が助言者になって進められた。 佐野良二『闇の力』より引用
  • 高校の国語の教師市川が声をかけた。 三浦綾子『氷点』より引用
  • 父親が故郷の中学の国語の教師だったから、教え子という線もあり得るが、それではまるで年齢が合わない。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 主僧は早稲田を出てから半歳はんとしばかりして、伊勢の一身田いしんでんの専修寺の中学校に英語国語の教師として雇われて二年ほどいた。 田山花袋『田舎教師』より引用
  • 横浜市神奈川区に住んでいて、職業は、以前は市役所に勤めていたが、現在は予備校で国語の教師をしながら、小説を書いているという。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 赤い糸とは、国語の教師からきいた話で、私たちの右足の小指に眼に見えぬ赤い糸がむすばれていて、それがするすると長く伸びて一方の端がきっとある女の子のおなじ足指にむすびつけられている。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • 彼らが農業を継いでくれた今、時間のできた俊策は、国語の教師をしていた幼馴染おさななじみに勧められて、一緒に俳句を始めたのである。 恩田陸『ドミノ』より引用
  • 次へ »