国語の教師

76 の用例 (0.00 秒)
  • 小使に呼ばれて四年の受持の国語の教師はドアを押してはいって来た。 島田清次郎『地上』より引用
  • 戦前国語の教師をしたこともあったが、ほとんど仕事はしなかった。
  • 高校の国語の教師である母と、元教師で行政関係に従事している父の間に生まれる。
  • 彼は北海道の或る町で高等学校の国語の教師をしていた。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • 校長も国語の教師もこうなっては口出しが出来ないことになった。 島田清次郎『地上』より引用
  • などと口先ばかりの言葉をかけ、やつは国語の教師を呼んできた。 竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん 第01巻』より引用
  • 次の授業の間、小津は国語の教師の国文法の授業もほとんど耳に入らなかった。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • もともとは国語の教師になりたかったようである。
  • 「どうも驚きましたな」と国語の教師は言ったが、心の中では別にそう驚いてもいなかった。 島田清次郎『地上』より引用
  • 本間は彼女と同じ、国語の教師で、四十代半ばの、至って気のいい男だった。 赤川次郎『プロメテウスの乙女』より引用
  • 教頭と、国語の教師の一人が自分を陥れようとしていることを。 赤瀬川隼『捕手はまだか』より引用
  • しばらくして、私たちの国語の教師には早大出の大井三郎と云うひとがきまった。 林芙美子『私の先生』より引用
  • 山水やまみず女学校で国語の教師をしていた時に、「すだれ」の語源という話をした。 戸板康二『ちょっといい話』より引用
  • 今こっちで国語の教師やっているそうな。 豊田勇造『歌旅日記−日本編』より引用
  • ある専門学校で、新任の国語の教師が、最初の授業をはじめた。 岸田国士『春日雑記』より引用
  • 国語の教師は、私の居ない学校は張合いがないと云って辞職して故郷へかえってしまった。 久坂葉子『灰色の記憶』より引用
  • 彼女は、以前私がその皮膚を愛した国語の教師の後を引ついでやはり国語文法を教えてくれていた。 久坂葉子『灰色の記憶』より引用
  • なお、原作のあべ善太の本業は、高校の国語の教師である。
  • 国語の教師に野崎先生というのがあり、演説が得意で、生徒にもそれを奨励されていた。 三木清『読書遍歴』より引用
  • 昔の国語嫌いの少年は、こうしていま、国語の教師になった。 林望『テーブルの雲』より引用
  • 次へ »