国語の授業

67 の用例 (0.00 秒)
  • どうしてこんなことになってしまったんだろう、と考えてみると、きっと母親は書きなれない手紙を書くにあたり、学生時代の国語の授業を思い出したにちがいない。 群ようこ『アメリカ居すわり一人旅』より引用
  • 二時間目は国語の授業だった。 李成『砧をうつ女』より引用
  • 国語の授業とは、そういうものだったのか。 木村晋介『八丈島のロックンロール ―キムラ弁護士事件帖』より引用
  • アナウンサーになるきっかけは、小学三年の頃国語の授業で音読すると先生や皆から褒められ、その経験から放送部を小・中・高・大と経験し、このまま職業もこういったことをやっていきたいと思ったことからである。
  • 担任ではなかったし、国語の授業を特に熱心に聞いたこともなかったから、センセイのことはさほど印象には残っていなかった。 川上弘美『センセイの鞄』より引用
  • 二時限目の国語の授業の時、教師に指されて質問の答えを口にした時、前歯が折れていることがみんなにバレてしまったのだ。 金城一紀『GO』より引用
  • 小学校の国語の授業で作文を書くとき、日本の先生たちは、感じたとおりを書きなさい、思ったとおりを書きなさい、と生徒たちに言う。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • 国語の授業ではリュウジは一人別室に追いやられ、マンツーマンの授業となる。 野沢尚『龍時(リュウジ)01─02』より引用
  • が、国語の授業はうわの空で、みんなに昨日の復習をさせ、何かいらいらしている。 三浦綾子『泥流地帯』より引用
  • はじめて羽田先生から教わったのは国語の授業だった。 乙一『死にぞこないの青』より引用
  • 国語の授業が終わり、マ・スール菱川が黒板の文字を消している。 若合春侑『無花果日誌』より引用
  • 国語の授業で習った『天を突くような』という比喩を思い出した。 西尾維新『零崎双識の人間試験(全話)』より引用
  • 国語の授業になどまったく興味がなくて、原稿用紙たった三枚の読書感想文でさえ、埋めるのに苦労していたのだ。 山本文緒『日々是作文(ひびこれさくぶん)』より引用
  • 幼少時代に、テレビで偶然視聴した声優に対するインタビュー番組に衝撃を受けたことで声優業に関心を持ち始め、中学時代の国語の授業で担当教師に言われたことに影響されて本格的に声優を志すようになった。
  • だから二三日して教師は国語の授業を始める前に、この組には剛毅と規律の精神に欠ける者があるように思うが、という前置をして、この二つの徳を称揚した。 きだ・みのる『道徳を否む者』より引用
  • 現代国語の授業では、グループ学習が行われた。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • 国語の授業で、教科書に載っている小説の続きを書きなさい、という課題が出され、わたしは生まれて初めて物語を作ったのです。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • 友だち何人かに付き添われてランドセルを取りにいったサナエは、一時間目の国語の授業が始まってもしくしく泣いていた。 重松清『カカシの夏休み』より引用
  • 国語の授業が終わると、雄一は鞄の中から大きい封筒を取り出し、牟田に近づいていった。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • まして、国語の授業はまるでついて行けなかった。 城山三郎『勇者は語らず』より引用
  • 次へ »

国語の授業 の使われ方