国語の授業

67 の用例 (0.00 秒)
  • こうして三年A組全員は一時間目の国語の授業を正座で受けることに。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 編入へんにゅうした中学校でも国語の授業についていくのがけっこう大変だった。 有沢まみず『いぬかみっ!10』より引用
  • 牟田俊之むたとしゆきが入ってきたのは、国語の授業が半分近く終わった頃だった。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 河崎は国語の授業を担当しており、その時の教科書は学院内で作っていた。
  • 最初に見つけたのは、国語の授業を受けていた三年生だった。 西村京太郎『闇を引き継ぐ者』より引用
  • これで国語の授業は終わりかよ、とあれこれと自分の頭の引き出しを探した。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode ONE』より引用
  • そんな風にぼんやりしていると、現代国語の授業が終わった。 上遠野浩平『あなたは虚人と星に舞う』より引用
  • また、入学してから2年程は数学、国語の授業が抜き出しで行われる。
  • また、事前学習として、国語の授業では奥の細道の暗誦が行われている。
  • 切られた本は、すべて小学五年生の国語の授業で、使われたものよ。 野村美月『文学少女シリーズ03 “文学少女”と繋がれた愚者』より引用
  • 母はかつて国語の授業を得意としていた。 唯川恵『不運な女神』より引用
  • 今の小学校の国語の授業では、漢字には象形文字がたくさんあることが教えられている。 阿辻哲次『漢字のなりたち物語』より引用
  • なぜ犬のおれが西鶴を知っているのかといえば、これは近くの高校の国語の授業を窓の外から聴講ちようこうしたせいだ。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • 初めて小説を書いたのは、小学校5年の国語の授業だった。
  • はっきり言って、小中学校を通じて、国語の授業で何か重要なことを学んだ経験は一度もない。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 彼らは、国語の授業の追加と世俗教育、職業教育を提案した。
  • 国語の授業が終って、級友は全員運動場へ出ていた。 筒井康隆『わたしのグランパー』より引用
  • 体育館奥にある柏教室は、美術や通常学級と一緒の授業である選択国語の授業で使われる。
  • とりとめもなく高校時代の国語の授業を思い出した。 阿刀田高『花の図鑑(下)』より引用
  • その一例として次に引用するのは、国語の授業で学んだ戦争経験の記録の読後感として、高校三年生の女子が書いた文章の一部である。 吉田満『戦中派の死生観』より引用
  • 次へ »

国語の授業 の使われ方