国策顧問

39 の用例 (0.00 秒)
  • 国共内戦末期に海口経由で台湾に逃れ、総統府国策顧問に任ぜられている。
  • その後、蒋から国民政府国策顧問となるよう再び誘われたが、張はこれも拒否した。
  • 国共内戦末期に、何は香港を経由して台湾に逃れ、総統府国策顧問に任ぜられた。
  • 国民政府時代には、日中戦争の際に社会に向けて抗日を呼びかけ、雲貴監察使や国策顧問をつとめた。
  • 劉は成都に隠居した後、1949年に台湾へ逃れ、総統府国策顧問に任命されている。
  • 台湾での谷は、総統府国策顧問に任ぜられている。
  • このほか、総統府国策顧問も兼ね、党では第8期・第9期の中央評議委員に選出されている。
  • 戦後の1946年10月に陳其采は国民政府委員に任ぜられ、後に総統府国策顧問となる。
  • 同年、台湾に逃れ、総統府国策顧問に任ぜられている。
  • 以後、総統府国策顧問や全国体育協進会理事長、オリンピック運動委員会理事長などを歴任している。
  • また、1966年には総統府国策顧問に任ぜられ、1976年には総統府資政に移っている。
  • 国共内戦末期に台湾へ逃れ、総統府国策顧問に任命された。
  • 一方、本来の台湾独立派は、陳水扁政権において総統府国策顧問や資政に就任するものも現れた。
  • 当初は自由派を優遇した蒋介石であるが、アメリカの援助を獲得すると政府内での自由派の立場は弱まり、雷震と蒋介石の関係も次第に疎遠になり、1953年には国策顧問等の職を解かれる。
  • このほか、総統府国策顧問、党中央評議委員、委員、中央政治大学教授などを歴任している。
  • 外交面では、1996年から約4年間総統府の国策顧問を務めた他、陳水扁総統の相談役として、台湾独立運動を支持している事で知られている。
  • 台湾での董顕光は総統府国策顧問、国民党中央評議委員を務める。
  • 台湾では総統府国策顧問や同府資政に任ぜられる。
  • そこで中華民国総統府国策顧問に任ぜられている。
  • その後政治改革によりアメリカの援助を獲得する政策を打ち出した蒋介石により、自由派活動家の政府登用が行なわれ、1950年、蒋介石の国策顧問として招聘される。
  • 次へ »

国策顧問 の使われ方