国策研究

24 の用例 (0.00 秒)
  • 編成課長時代の国策研究会議において満州問題解決方策大綱が完成している。
  • 五月になって、「国策研究会」が彼の歓迎会をかねて、話をきく集いをもった。 草柳大蔵『特攻の思想 大西瀧治郎伝』より引用
  • 画策したのは、湯沢三千男、矢次一夫、それに国策研究会の面々である。 草柳大蔵『特攻の思想 大西瀧治郎伝』より引用
  • しかしその後7月にはこの国策研究クラブを結成し、翌8月には国民同盟へと改組した。
  • 特に、第1次近衛内閣から小磯内閣に至る各内閣には、国策研究会の関係者多数が入閣をしていた。
  • 特に国策研究としてさまざまな援助を受けてきた現状分析的な中国研究は、敗戦後、それまで蓄積してきた資料を占領軍・ソ連軍などにより没収された。
  • 戦前の国策研究会は、時期により題号の異なる複数の機関誌を発行していたが、その中には『新國策』と題する旬刊の機関誌も含まれていた。
  • 京都の東方文化研究所では、国策研究機関である東亜研究所の委託事業受け入れなどを余儀なくされながらも、極力従来の古典研究中心の研究方針を守ろうとしたという。
  • 早稲田大学の学生サークルのひとつは、「早稲田大学国策研究会」と称している。
  • 戦後、再発足した国策研究会は、『新政』と題する機関誌を当初は月刊で、その後一時期は旬刊で刊行していた。
  • 退役後は、国策研究中心の研究員や南華大学平和戦略研究中心の主任を務め、また「台湾時報」の主筆となった。
  • 「国策研究会」主催の晩飯会がおわり、矢次は上落合、大西は高円寺と、帰る方向が一緒になった。 草柳大蔵『特攻の思想 大西瀧治郎伝』より引用
  • 国策研究会は、早くから行政改革についての提案を行なったほか、佐藤内閣の下では核拡散防止条約、日中国交正常化などに関わる政策提言を行なった。
  • 国策研究会では、1940年に「民族問題研究会」を組織して東南亜細亜の諸民族の実情と日本の対処の仕方について研究を開始し、「南方諸民族事情研究会」にもインドシナ研究の専門家として委員に名を連ねた。
  • その後、研究所は善隣協会傘下に入ったが、占領地のイスラーム工作に資する国策研究を要求する協会と、「ヨーロッパ人を経由せず直接日本人によるイスラーム研究」を志向し学術研究を重視する大久保との間にはさまざまの齟齬や対立があったといわれる。
  • それからまもなく、例の「軍艦を海の底に沈めて、空軍省にしよう」という大演説を「国策研究会」の席上でやってのけるのである。 草柳大蔵『特攻の思想 大西瀧治郎伝』より引用
  • また、日本戦略フォーラム会長、国策研究会会長、財団法人アジア刑政財団理事などを歴任した。
  • 戦時中の晩年、国策研究会において佐藤賢了と出会い、佐藤から東条英機が大東亜共栄圏の新政策を発表する演説への助力を依頼される。
  • また東南アジア研究については、台北帝国大学文政学部に「南洋史学」「土俗学人種学」の講座が設置されて歴史学・人類学研究が制度化され、さらに第二次大戦開始後には国策研究としての東南アジア研究が一時的に活性化した。
  • 「国策研究会」という名称は、「国策」についての研究会という意味で、公益財団法人国策研究会とは無関係に用いられることがある。
  • 次へ »