国策映画

37 の用例 (0.00 秒)
  • 植民地時代は『君と僕』など日本の国策映画への出演も余儀なくされた。
  • その場面を見る限り、この作品を国策映画と呼ぶことは難しい。
  • 戦争中は松竹の他の監督が苦手とした戦争国策映画を撮り続ける。
  • 国策映画にも多数出演し、『指導物語』など原節子と父娘を演じた作品にも出演している。
  • このように「支那の夜」は日中戦争のプロパガンダを目的として作られた国策映画との考えが一般的である。
  • 彼は無味乾燥な国策映画を排し、民衆が楽しめる劇映画に主力を注いだ。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • こういうことは、一方における非国策映画にたいする検閲の一層の強化となって現われてこざるを得なかった。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • 企画には軍や政府関係者が関わっておらず、恋愛が主体のメロドラマであるこの映画は当時の国策映画像と大きくかけ離れたものだった。
  • 基本的には喜劇映画だが、国策映画の要素も強い。
  • 戦前から東宝の専属俳優として活動しており、戦前から戦時中は特に国策映画に、戦後はジャンルを問わず数多くの映画に出演した。
  • ただし、スポーツ中継は戦前からプロ野球や高校野球のラジオ放送が、また性産業も猟奇系書籍などが存在し、また映画に至っては映画法に基づいた国策映画制作が行なわれており、主張は陰謀論の域を出ない。
  • 大日本映画協会が、日本映画撮影技術者養成所を包含する形で設立し、国策映画の俳優や旧軍報道班員の養成、映画法により登録制となった映画人の認定を得るための予備校的な学校であった。
  • 太平洋戦争前夜の1941年に製作した朝鮮民族の志願兵を描いた国策映画『君と僕』を監督したことで知られる。
  • また、それまでに作られた最大規模のアニメ映画は大戦中の国策映画『桃太郎 海の神兵』で、上映時間は74分だった。
  • 満州事変以後、いくつかの戦争映画が製作されていたが、国防の重要性を強調した国策映画としては、三三年になってからのものが目立つ。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • 陸軍などから評判により国策映画・反米映画を撮る一方、日本映画カメラマン協会の書記長として活動した。
  • 戦時中に多く作られた明らかなプロパガンダ目的の国策映画ではなく、童話のような教訓をミュージカル仕立てで描いている点で特異な作品とされている。
  • 歴史学者の古川隆久は国策映画説を否定し、「典型的な娯楽映画」であると主張している。
  • 日本国内メディアも扱いは様々で、例えば日本映画社撮影の国策映画「日本ニュース」に取り上げられる一方で、朝日新聞社発行『運動年鑑』では全大会の記録は明治神宮競技大会の後に記載されている。
  • チェコ共産党政権下でも、自由な映画制作が制限され国策映画を年に40本程度製作したが、1989年ビロード革命により自由化され、低コストの映画制作が可能な撮影所としてハリウッド資本の映画制作を多く受注しているが、資本主義の自由競争の中で、職員のリストラ等を行った。
  • 次へ »