国策会社

124 の用例 (0.00 秒)
  • 全満的規模の国策会社で、おそらくただ一つのケースであったろう。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • 各界の指導者層が舌をまき、国策会社としての満映の名はまたもあがった。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • そのとき国策会社のある新しい情念のようなものの雰囲気をとらえるものであった。 吉本隆明『悲劇の解読』より引用
  • このことは必然的に、国策会社等の各生産部門における労働の強化と労働条件の悪化をもたらした。
  • 戦後、国策会社のオーナーであるため、新生朝鮮の警察に逮捕されてしまう。
  • 私企業ではあるが政府・軍に統制され、国策会社の色合いが強かった。
  • 東洋拓殖は日本の国策会社で、朝鮮において地主経営を行っていた。
  • 実質的には日本の国策会社であった。
  • また21カ所の正米市場も閉鎖され、国策会社である日本米穀株式会社に統合された。
  • 日本原燃株式会社は、核燃料サイクルの商業利用を目的に設立された日本の国策会社である。
  • その後カナダにおける交易の為の国策会社、ハドソン湾会社の為の航海を行った。
  • 小弁はドイツの国策会社と契約するなど智策を駆使しチュークにとどまる事ができた。
  • 法律で規定された半官半民の国策会社であった。
  • 多くの民間写真雑誌が創刊されたが、国家や軍などもその宣伝効果に着目し、機関誌や国策会社からの出版という形で世界中で創刊された。
  • 政府は発電・送電事業を管理する国策会社日本発送電を設立する一方、配電事業者については整理統合を推進する方針をとった。
  • あくまで一角とはいえ政府からの出資をあおいだという事情から、一応は国策会社として見られていた。
  • 設立当時は日本の半官半民の国策会社であった南満州鉄道は、ロシアが敷設した鉄道を基礎に路線を拡張し、鉄道の運営を行っていた。
  • 朝鮮を経済的に支配することを目的とした国策会社東洋拓殖が設立され、その初代総裁に就任してやっと転出することができた。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 閉山となった金鉱山の操業権は戦時国策会社である帝国鉱業開発株式会社に移された。
  • 国策会社においては、満州事変以降設立された特殊会社の一群である国策会社を扱う。
  • 次へ »