国策企業

13 の用例 (0.00 秒)
  • 特に後者は国策企業を前身とし、現在では世界最多の放送衛星を運用する民間企業である。
  • カナダ太平洋鉄道はカナダで最大かつ最強の国策企業となり、1975年頃までその地位を保持していた。
  • 石油業法と相まって国策企業に近いものであるため、朝鮮内に置いては様々な点で優遇されることになる。
  • 現在、同社が事実上の国策企業となる。
  • フォルクスワーゲンは1937年設立となっているが、旧フォルクスワーゲン製造会社は第二次世界大戦前にナチス政権の国策企業として設立され、会社としては第二次世界大戦終戦後のイギリス軍管理下で改組されたもので、工場と製品設計のみを継承したかたちとなっている。
  • 冷戦時代とは異なり、旧ソ連側は国策企業、旧西側は企業グループと分かれて複合しているが、冷戦時期のようにペイロード要求仕様が高いために、ライバル争いによる熾烈な要求仕様の向上が期待されていた。
  • その後、フランスを代表する総合化学・製薬企業として発展し、1980-90年代には国策企業として国有化された。
  • 以降、青島・金州などにも工場を建設、国策企業としての一翼を担い昭和10年代には日本を代表する紡績会社へと躍進していったが、一方で有力在華紡の1つとして五・三〇事件などの反日運動の舞台ともなった。
  • 以後、企業合併や社名変更などの変遷を経ながら、太平洋戦争直前から戦時中にかけ、大型車両とこれに搭載する高速ディーゼルエンジンの分野で、国策企業として開発をリードした。
  • 木曽川水系における電源開発計画の一環として、大井ダム・落合ダム・今渡ダムに続いてダム式発電所として国策企業である日本発送電株式会社が、戦争が激化している最中の1943年に建設した。
  • 新船主の東亜海運は、1939年8月に海運各社の現物出資で設立された国策企業であった。
  • 国家主導で産業育成を図るべく、経済開発院を設立した事を皮切りに、財閥や国策企業を通じて、ベトナム戦争により得たカネとモノを重工業に重点的に投入した。
  • フローニンゲンのガス田の権益はロイヤル・ダッチ・シェルとエクソン・モービルが保有しており、この権益保有企業と国策企業のGasunieとEBNが採掘を行っている。