国策パルプ

29 の用例 (0.00 秒)
  • 旧常盤町の大部分は現在山陽国策パルプおよび関連工場の工場用地となっている。
  • これは国策パルプ工業旭川工場で行われていた、標識の製造を移管される形で開始したものである。
  • 大日本再生製紙は1945年に国策パルプと合併し、同社常務取締役に就任する。
  • これは国策パルプ工業旭川工場の従業員と家族の生活物資を確保するための生活協同組合であり、食料品・日用品などの販売を行っていた。
  • 参考として国策パルプ工業旭川工場の重要な出来事も併記する。
  • 山陽国策パルプ出身の倉持が代表取締役会長に就任した。
  • そこで九州のみならず全国区の強豪であった新日鉄八幡から、地域的にも九州に近い中国地方の東洋工業、淀川製鋼呉、山陽国策パルプとの対抗戦が提案された。
  • 昭和43年11月1日、国策パルプの立地に伴い、その大部分の地域が接収されて豊浦町に編入された。
  • また山陽国策パルプ時代には、旭川に硬式野球部が存在し、合併後も日本製紙旭川として活動していたが、2000年に石巻と統合された。
  • 左に山陽国策パルプ勇払工場があり、駅表側より専用線が大きな右カーブを描き少し直線となった後工場内へ向かうが、この直線部分は日高本線旧線跡で、旧駅はこの直線延長上右手、長方形の公園状に仕切られた区域内にあった。
  • 新会社は、同年4月に業界第3位の十條製紙と第5位の山陽国策パルプが合併して発足した日本製紙に次ぐ、売上高ベースで業界2位の製紙会社となった。
  • 堀田の仲立ちにより文化放送とフジテレビジョン両社の社長を既に兼務していた国策パルプ工業社長水野成夫を新社長に迎えて実質的には譲渡、産経新聞社の経営から手を引いた。
  • 平成5年4月、十條製紙と山陽国策パルプが合併し、「日本製紙」となった。
  • 学芸大学の裏手のアイヌ部落のまんなかに立ってその飛行機を見ているときに、旭川には水野成夫氏の国策パルプの工場があるが、ストライキなどはけっしておこらないしくみになっているときいたとたんに私はおかしさがこみあげてきた。 服部之総『望郷』より引用
  • 山陽国策パルプ岩国工場に勤務していたが、歌手を志していた実兄に影響されて1974年に俳優養成所に入り、体型を見た小島三児によって「だるま二郎」と命名される。
  • また、鉄軌道事業者やその後身以外で「山陽」が付く、岡山県の新聞社である山陽新聞社や同県の放送局山陽放送、広島県の旅客船会社である山陽商船ならびに関連会社のさんようバス・山陽観光、かつて存在していた製紙会社の山陽国策パルプとも無関係である。
  • 十條製紙と山陽国策パルプの合併で社名を日本製紙とした。
  • 国策パルプ所有車3両は、1972年4月28日に山陽国策パルプに名義変更された。
  • 岩畔豪雄をリーダーとする陸軍戦備課は1938年、軍用の製紙会社・国策パルプを設立し、続いて水野と南喜一を支援して1940年大日本再生製紙を設立するが、鹿内はその担当事務官であった。
  • 日本製紙の前身である、十條製紙や山陽国策パルプ、大昭和製紙も例外ではなく、ほぼすべての工場に鉄道路線が引き込まれていた。
  • 次へ »

国策パルプ の使われ方