国策として推進

9 の用例 (0.00 秒)
  • 奥山治の時代も、次郎太夫同様に僻地・離島の総引揚げが国策として推進された時代であった。
  • 一方で、かねてから両社の統合を希望した名古屋財界を中心として合併を推進する動きが外部より強まり、愛電・名岐とも国策として推進された事業者統合の時流に抗うことは困難と判断するに至った。
  • 彼は風力発電機や送電用鉄塔の乱立による景観破壊に反対しており、2005年以降国策として推進される再生可能エネルギーの安易な商業化を懐疑的な目で見ている。
  • これが内務省によって採用されて国策として推進されたが、第70回帝国議会において河水統制調査予算が可決されたのを機に利根川・淀川など全国主要64河川において河水統制計画の調査が行われた。
  • 戦後、経済安定本部によって1947年に「尾瀬原・利根川・只見川総合開発計画」が策定され、尾瀬原ダム計画は本格的に国策として推進された。
  • その後、当時の鉄道大臣であった三土忠造によって1933年9月に設立された「内閣交通審議会」における審議により、細分化した地域交通事業者の統合による企業体力強化ならびに交通統制が国策として推進されることとなった。
  • 東京帝国大学教授・内務省土木試験所長であった物部長穂が提唱した「治水と利水を統合した、水系一貫の河川開発」、すなわち河川総合開発事業が国策として推進されたことによるものである。
  • この案は日本人で唯一パナマ運河建設に携わり、大河津分水や荒川放水路開削の指揮を執った内務省技監・青山士によって採用され、国策として推進することとし全国7河川1湖沼を対象に総合的な河川開発が計画された。
  • ペカフヤはダンとベテルで偶像礼拝を国策として推進した。