国策

全て 名詞
1,393 の用例 (0.01 秒)
  • 日本側はハル四原則の事実上の否認の上に国策を推進しようとしている。 五味川純平『御前会議』より引用
  • このような評議会の設立は、王国国策会議によって長年主張されてきた。
  • 植民地時代は『君と僕』など日本の国策映画への出演も余儀なくされた。
  • これまで義援金に頼っていた被災者生活再建支援が国策の支援となった。
  • 思想的研究も、かかる時代においては、国策と相反する方向を許されぬ。 高木彬光『わが一高時代の犯罪』より引用
  • 自由の国であるわが同盟だからこそ、国策への反対が許されるのだ。 田中芳樹『銀河英雄伝説 01 黎明篇』より引用
  • 日露通信社とは、かつてロシアに存在した日本の国策通信社である。
  • それゆえ現在においても国策機関としての評価が一般的とされる。
  • しかしこれが、ラジオ統制、ラジオ国策となると事情はまた違ってくる。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • 社団法人日本音楽文化協会とは、第二次世界大戦中の国策団体の一つ。
  • 王莽は周代の治世を理想とし、『周官』という書物を元に国策を行った。
  • 別の貿易会社を設立したり国策の会社ではポストとして迎えられた。
  • 国策最重点の一つはこの科学的発明とその大成に指向せられねばならぬ。 石原莞爾『戦争史大観』より引用
  • 全満的規模の国策会社で、おそらくただ一つのケースであったろう。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • 日本史上唯一の、国策によって行われた部落出身者中心の海外移住である。
  • 秋元家は国策のもと産業統合が進められた戦時中には東邦酒類に合併した。
  • そこで新たに連絡会議で国策の方向を決定することになった。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(上) 軍内抗争から開戦前夜まで』より引用
  • 和平は抽象的な望みではなく、天皇の命令によるもう一つの国策となった。 半藤一利『聖断 天皇と鈴木貫太郎』より引用
  • 同文書への署名により、トルーマンは明確かつ一貫した国策を提供した。
  • 戦争は武力をも直接使用して国家の国策を遂行する行為であります。 石原莞爾『最終戦争論』より引用
  • 次へ »