国立国語

58 の用例 (0.00 秒)
  • 国立国語研究所は、これに協力する形で各種資料などの作成も行っている。
  • 国立国語研究所「現代雑誌の語彙調査」対象雑誌となったこともある。
  • 国立国語研究所は、大学共同利用機関法人人間文化研究機構が設置する大学共同利用機関の一つ。
  • 国立国語研究所は、1956年の雑誌の語彙について大規模調査を行っている。
  • 国立国語院の表記法と崔ヨンエ・金ヨンオク日本語表記法の違いは次の通りである。
  • 日本では1964年、国立国語研究所編の『分類語彙表』が発表されている。
  • これは韓国では国立国語院によって定められているが、それに従わないいわゆる通用表記もある。
  • 大韓民国では、首都のソウル方言を基に国立国語院によって標準語が定められている。
  • 現在,南では国立国語院が,北では国語査定委員会がそれぞれ標準語の査定を行っている。
  • 知恵袋のデータは2007年から国立情報学研究所に提供されており、そのデータを使って国立国語研究所が自然言語処理研究用の大規模なコーパスを構築したと言う。
  • 日本では難解な外来語であるとして、国立国語研究所は等生化という日本語言い換え例も提案している。
  • このような問題意識に立って、国立国語研究所では外来語委員会を設立し、日本語に定着した言葉による言い換えを提案している。
  • これを受けて国立国語研究所の笹原宏之らが調査を開始し、それらの文字が地名として使われている文字であったり、あるいは資料を書き写す際に発生した誤りと考えられるものであるといったことが判明した。
  • 国立国語院が管理している。
  • 一部の分野においては東京学芸大学や国立国語研究所から連携教授が招聘されて、同研究科での論文指導に当たっている。
  • 次に示すものは国立国語院が定め文教部告示第85-11号で公表された日本語表記法である。
  • 国立国語研究所による「外来語」言い換え提案においては、以下のように定義されている。
  • 日本では国立国語研究所が一億語の収録を目指す「KOTONOHA計画」をすすめている。
  • 第一高等学校教授を経て、国立国語研究所の所長を務めた。
  • その上で、国立国語研究所長・野元菊雄氏に、おそれながら申上げる。 江國滋『日本語八ツ当り』より引用
  • 次へ »