国立公衆

23 の用例 (0.00 秒)
  • 国立公衆衛生院では衛生工学部に配属され、研究員として勤務した。
  • 日本ではロックフェラー財団からの支援もあって国立公衆衛生院が昭和初年に発足している。
  • 当研究所は国立保健医療福祉政策研究所として国立公衆衛生院と統合する計画が打ち出された。
  • 国立公衆衛生院は2002年に改組・廃止された、日本の公衆衛生の向上を目的とした調査研究機関であった。
  • 国立公衆衛生院、国立医療・病院管理研究所及び国立感染症研究所口腔科学部の一部を前身とする。
  • 旧国立公衆衛生院の建築様式にはゴシックの特徴が取り入れられ、城壁のような高層の作りである。
  • 世界保健機関は国立公衆衛生院を「」として紹介している。
  • 旧国立公衆衛生学院の代わりに創設された。
  • 柳沢によれば、後述する国立公衆衛生院院長の古屋は、公衆衛生の定義を次のように述べている。
  • 昭和57年、日本建築学会によって、典型的な近代建築として選定され、保存に努めるよう要請されており、国立公衆衛生院の廃止後は閉鎖されている。
  • そして、国立公衆衛生院にEBMセンターを設置し、ガイドラインやコクランライブラリーの翻訳を掲載するという計画が決まった。
  • それにともない、国立公衆衛生院も厚生労働省の施設等機関となったが、そのまま引き続き勤務する。
  • また、1997年7月には、厚生省の施設等機関である国立公衆衛生院にて、水道工学部の研究員に就任した。
  • 国立医療・病院管理研究所が国立公衆衛生院、国立感染症研究所口腔科学部などと統合され、厚生労働省の施設等機関として国立保健医療科学院が新設されると、2002年から政策科学部のリサーチ・レジデントに就任した。
  • 日本では旧厚生省所管の機関であった国立公衆衛生院が昭和13年3月29日より、公衆衛生技術者の養成訓練と公衆衛生に関する機関として活動を続けてきた。
  • ETC/ACC は14の機関による協同組織で、2001年に欧州環境機関が設置、年間200万ユーロの予算規模を持ちオランダの国立公衆衛生環境研究所の外局である環境・自然計画局が主導している。
  • 退官後の昭和12年逓信病院の初代院長、翌年には国立公衆衛生院の初代院長、日本薬理学会初代会長などを務める。
  • 国立公衆衛生院水道工学部研究員、国土環境株式会社環境創造研究所主査研究員などを歴任した。
  • そして1913年にはアルベアル病院の主任医師、1915年にはブエノスアイレスの国立公衆衛生研究所の実験病理学部主任に就任した。
  • 旧制一高を卒業し、1946年に満州医科大学を卒業後、厚生省国立公衆衛生院衛生技官を経て、1951年に医学博士を取得し、1951年から1952年にジョンズ・ホプキンス大学へ留学する。
  • 次へ »