国家公安委員

325 の用例 (0.01 秒)
  • この会議で、国家公安委員長は次のような訓示を出席者にあたえていた。 三好徹『狙撃者たちの夏サミット・コンフィデンシャル』より引用
  • 交通局は、国家公安委員会の特別の機関である警察庁の内部部局の一つ。
  • 刑事局は、国家公安委員会の特別の機関である警察庁の内部部局の一つ。
  • 警察庁長官である海堂の上にいるのは、大臣である国家公安委員長だけ。 早見裕司『メイド刑事02』より引用
  • また、国家公安委員会の事務部局として、国家地方警察本部が置かれた。
  • 国務大臣・国家公安委員長、つまり警察全体をおさめている人物なのだ。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿01 東京ナイトメア』より引用
  • 自治大臣兼国家公安委員会委員長兼北海道開発庁長官などを歴任した。
  • 内閣府には国家公安委員会などの重い機能が集中している。
  • 設立時の理事長は当時国家公安委員を務めていた評論家の坂西志保であった。
  • 生活安全局は、国家公安委員会の特別の機関である警察庁の内部部局の一つ。
  • 警察庁長官官房に課長級として国家公安委員会会務官が置かれている。
  • 長は警察庁長官で、国家公安委員会が内閣総理大臣の承認を得て任免する。
  • 国家地方警察の中央機関及び国家公安委員会の事務部局として国家地方警察本部が設けられた。
  • 警察法第15条により、警察庁は国家公安委員会が管理する特別の機関である。
  • 国家公安委員会によってなるものも定められている。
  • 日本の制度では、国家公安委員会・警察庁交通局の管理監督を受ける国家資格となっている。
  • 国家公安委員長とも、うまくやっているのが面倒ですな。 早見裕司『メイド刑事02』より引用
  • 他にも国家公安委員会委員、横綱審議委員会委員長などを務めた。
  • また、国家公安委員会も府警本部長ら幹部に対し減給の懲戒処分を決定した。
  • 現在これに該当するのは、国家公安委員会のみとなっている。
  • 次へ »