国学

全て 名詞
1,331 の用例 (0.01 秒)
  • それがこのころに創設せられた大学及び国学の博士助教となったらしい。 和辻哲郎『古寺巡礼』より引用
  • そして国学諸先輩の発見した新しいいにしえをさらに発見して行かねばならない。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • ところでこの国学は清朝考証学がそのまま拡大し成立したものではない。
  • 文彦が近年独学で身につけた国学の理解を評価したことも一因であった。 高田宏『言葉の海へ』より引用
  • これは、最初いい出した国学者の考えを、単に踏襲しているにすぎない。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • いずれも江戸期の著名な国学者の手による短編説話集で、文学性も高い。 阿刀田高『江戸禁断らいぶらりい』より引用
  • いったい、国学をやる人はそんなに古代の方に目標を置いてかかるんですか。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 試験会場となるのは首里国学とその周辺の王府の奉行所である。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 仏教や儒教や国学は大いに文献学的に研究される必要があるだろう。 戸坂潤『日本イデオロギー論』より引用
  • 彼の著作物は現在も多く残されており、日本国学研究の基礎資料となっている。
  • 国学者による源氏物語の注釈書としては初期の代表的なものの一つである。
  • 国学の四大人は、其時代のあらゆる知識を利用して、研究されたのである。 折口信夫『古代人の思考の基礎』より引用
  • 日本では儒学者のみならず国学者の間でも様々な説が立てられた。
  • 逆に言えば、民俗学は、国学の影響を強く受けているということでもある。
  • 其を対象とする学問が、私どもの伝統を襲いで来てゐる「国学」である。 折口信夫『古代生活の研究』より引用
  • 言って見れば、国学全盛の時代を招いたのは廃仏運動のためであった。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • ここにいくらでも国学を新しくすることのできる後進の者のみちがある。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 国学とは、国の民の心を一つにまとめるのに都合のよい学問のはずだ。 高橋克彦『火城』より引用
  • 国学の第一人者も西洋医学に関してはこの程度の知識しかなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • その姿を見た女たちも貰い泣きして国学が涙で床上浸水しそうだった。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 次へ »