国外

全て 名詞
8,708 の用例 (0.03 秒)
  • アニメ・漫画のイベントとしては、日本国外にも以下の様なものがある。
  • これが中国国外で長江を指す言葉としても用いられるようになっている。
  • が処刑しても死なない者は国外追放になるのがしきたりであったという。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 国外へ移住せよと言われても、彼らは今さらどこへ行く当てもなかった。 小岸昭『スペインを追われたユダヤ人 ―マラーノの足跡を訪ねて』より引用
  • 三ヶ月以内に国外へ退去せよといふ条件はどうすることもできなかつた。 岸田国士『それができたら』より引用
  • しかも国外へ出るには、厚木から米軍の軍用機を使っているようだった。 半村良『黄金伝説』より引用
  • しかし、いうまでもなく、彼らの説明は国外亡命中になされるのである。 マンハイム/森博(訳)『保守主義的思考』より引用
  • 刑務所行きだろうか、国外への退去を命じられることになるのだろうか。 星新一『明治・父・アメリカ』より引用
  • 日本国外でも、路面電車やバスを中心にワンマン運転が実施されている。
  • 国外に出たとは考えられないが、その身に危険が及ぶとも誰も思わなかった。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • そして日本国外で出会った少年料理人たちを弟子として育て始めるのであった。
  • 女は国籍がイタリアだもんだから、結局ドイツから国外退去になってね。 モーム/篠原慎訳『諜報員アシェンデン』より引用
  • それも、住民たちをカノン国外に脱出させるという驚くべき方法で、だ。 水野良『黒衣の騎士』より引用
  • 警察は、キャラハンがすでに国外に逃亡したものと判断しているという。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • だから本格的なインド劇が国外に押し出してきたとは考えられないのである。 和辻哲郎『古寺巡礼』より引用
  • 以下、日本国外及び宇宙空間での事象を含め日本標準時で記述している。
  • 国外では、本作の作品名を自分たちのバンド名にしたロックバンドもいる。
  • この段階で彼は、少くとも国外脱出という策はとらないことを示していた。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • 国外での養成施設で育てられたから、名前もそこでつけられたのかも。 喬林知『今日からマ王 第15巻 「宝はマのつく土の中!」』より引用
  • 大使館に勤める父親の仕事の関係で少女時代の大半を日本国外で過ごす。
  • 次へ »