国分

全て 名詞
1,464 の用例 (0.01 秒)
  • 中世にはこの辺りから国分氏が興って今の仙台市域の大部分を支配した。
  • 国分氏は南北朝時代から戦国時代末まで宮城郡南部を領した一族である。
  • が、国分氏の起源をそこまで遡れないとする説もあり、結局不明である。
  • 基本的に国分と山口が担当しているが、他のメンバーが出演することもある。
  • このような経緯から、出水空は開隊の翌年には国分に分遣隊を設立した。
  • 志摩国の国分寺および国分尼寺の田があったことに由来すると言われる。
  • 国分氏は南北朝時代から戦国時代末まで宮城郡南部にいた一族である。
  • また活動拠点を14年ぶりに京都本社から鹿児島国分工場に再び移転した。
  • 戦国時代には小泉と呼ばれ、国分氏が城を築き、周りに町ができていた。
  • 墓は仙台市若林区の国分尼寺に近臣7人のものとともに立てられている。
  • 射撃場の管理は国分駐屯地業務隊管理科演習場管理班が管理を行っている。
  • その飲み口の良さや簡便な製法がうけ、国分町の飲食店の間に広まった。
  • 宗政は中野目の地に保寿寺を開き、国分氏の牌寺にしたと伝えられる。
  • 盛重は政宗に謝罪して許されたが、国分氏の家臣は政宗直轄とされた。
  • 旧国分氏家臣の家では、宗政の時代に国分氏に服属したと伝えるものが多い。
  • 伊達氏は、上愛子村がある宮城郡の西部を国分郷と区分けして支配した。
  • 雑稲は国分二寺稲や救急料など特定の目的をもって設置されたものである。
  • そのゆえに国分君のもっとも本質的な姿を反映しているものであることを信じている。 村山俊太郎『『教室の記録』の編集を終えて』より引用
  • 戦国時代に国分氏の尊崇を受け、江戸時代にもその旧臣の奉仕を受けた。
  • このゆえに私は代わって国分のことについて語らなければならぬ。 村山俊太郎『国分一太郎君の仕事』より引用
  • 次へ »