国内

全て 名詞
48,831 の用例 (0.02 秒)
  • 国内に美しい女がいるときくと、必ずつれてきて、妻にしてしまうのだ。 マルコ・ポーロ/青木富太郎訳『東方見聞録』より引用
  • それによってアメリカ国内を混乱させうることが可能であると考えられた。 九条公人『輸送艦おおすみ戦記』より引用
  • 今はまだ国内のレースだけど、奴には世界に出て行ける才能があるんだ。 樋口有介『プラスチック・ラブ』より引用
  • 対外政策であるあれは、国内的にも大きな意味を持つて来るのだらうか。 武田麟太郎『現代詩』より引用
  • 国内の民主的見解は、天皇が戦争の責任を問われるべきものと判断した。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • それは国内の秩序ヽヽヽヽヽを確立する上に最も賢明な方法であったかも知れない。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • それは、相互に相手国内の後方基地に対する空襲爆撃の交換に発展した。 堺屋太一『油断!』より引用
  • フリーダムが国内だけに限られるなら、さほど問題はないかもしれない。 片岡義男『日本語の外へ(上)』より引用
  • 国内には馬というものは全くおらず、住民は戦闘になれていなかった。 マルコ・ポーロ/青木富太郎訳『東方見聞録』より引用
  • 日本の国内に起こったことを聞いたら、驚いてパリから帰って来ましょう。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • イギリスの国内に経済的な力がついてくると、人口は大切な労働力となった。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • この後、国内雑居が許されたため、翌年からこの報告はなくなっている。 宮原安春『軽井沢物語』より引用
  • さて方臘の国内からあらわれて兵をひきいて立ったものは何人であったか。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(八)』より引用
  • アメリカ国内での、軍やUNBIの監視は次第に厳しくなってきていた。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース4』より引用
  • このことはもちろん国内の根強い封建的伝統を決定的な理由としている。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • 日本にも国内でレースをやっているレーシング・チームがたくさんあった。 海老沢泰久『帰郷』より引用
  • しかし各独立国の利益は常にその国内に最大量の富を蓄積するにある。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 国内に酒が決してそんなに極度に不足しているわけではないと思う。 太宰治『禁酒の心』より引用
  • けだし以前と同一量が国内において生産されるであろうからである。 リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』より引用
  • 国内販売も三十六万四千台から二十九万四千台へ減ってしまった。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』より引用
  • 次へ »

国内 で始まる単語