国体

全て 名詞
2,649 の用例 (0.02 秒)
  • 国体開催前の時点で総数80体を超えていることからもその人気が伺える。
  • 彼らは平泉博士より、自然発生的な実在としての国体観を学んでいた。 半藤一利『日本のいちばん長い日』より引用
  • 同年のなみはや国体少年の部バンタム級では榎洋之らを倒し準優勝した。
  • 国体道路とは国民体育大会に合わせて整備された道路の愛称である。
  • 奥伊勢湖は1975年の三重国体において、ボート競技の会場となった。
  • 彼にとって「国体」という論理を超えた価値は、もはや問題ではなかった。 草柳大蔵『特攻の思想 大西瀧治郎伝』より引用
  • この問題は、学問の自由と国体とのかかわり方について一石を投じた。
  • 彼はイギリスの島には共和制よりは君主制が望ましい国体であるとしたのである。 渡部昇一『新常識主義のすすめ』より引用
  • 三塩熊太らの国体擁護団の連中は傍聴席からバタバタと起って出て行った。 松本清張『小説東京帝国大学(下)』より引用
  • 国体のちがう外国の君主観を、日本に当てようとしているのが怪しからん。 松本清張『小説東京帝国大学(上)』より引用
  • 小学校時代にサッカーをはじめ、京都商業高校時代には国体京都府代表に選出された。
  • 高校時代は1年の時から3年の時まで3大会連続で国体に出場した。
  • そして彼の英国史は、英国の国体論の具体的展開なのである。 渡部昇一『新常識主義のすすめ』より引用
  • また、1998年のかながわ・ゆめ国体では体操会場として使用された。
  • 同年行われた岐阜国体ではロードレースのコース、行幸ルートとなった。
  • もし天皇の上に他の外力が加わったとしたら、国体護持は絶対不可能である。 半藤一利『日本のいちばん長い日』より引用
  • ホッケー部は国体などで何度も全国優勝を果たしており強豪校として知られる。
  • また、高校時代にはハンドボールで国体に出場した経歴もあるという。
  • 唯一の例外は、白陽天の国体が崩壊した後も頑強に戦い続けた山岳民族たちだ。 秋山瑞人『龍盤七朝DRAGONBUSTER 第一回(電撃hp vol.43)』より引用
  • 各年の国民体育大会開催都道府県にて、国体開催の翌年に開催される。
  • 次へ »