国体開催

35 の用例 (0.00 秒)
  • また、国体開催前から、千葉県の体育大会や祭りなどで会場に現れていた。
  • 国体開催前の時点で総数80体を超えていることからもその人気が伺える。
  • 各年の国民体育大会開催都道府県にて、国体開催の翌年に開催される。
  • 国体開催後は競輪場への転用が検討されたが実現できなかった。
  • そのほか、国体開催を記念して該当する地域の鉄道会社が記念乗車券・入場券を発売することがある。
  • 国体開催中に選手や県民から愛され、その後も福島県のキャラクターとして名を留めた。
  • 開催地は持ち回り制となっており、近年は国民体育大会のリハーサル大会として翌年の国体開催地で実施されている。
  • 第1回を除き国体開催を記念した記念切手が概ね秋季国体の時期に発行されている。
  • つまり、国体開催のためだけに設けられた施設であり、開催後は撤去を前提としていたことから、現在も常設競技場という扱いではないという特殊な事情を抱える競技場である。
  • 愛知県での国体開催は第5回大会以来2度目になる。
  • なお運営会社の株式会社岐阜フットボールクラブは、長年の経営環境の悪化により、ぎふ清流国体開催後は当クラブを維持していくことは無理という認識をしていた。
  • 奥武山体育館が沖縄県立武道館となったのは、国体開催より10年以上も後のことである。
  • 国体開催前は、はばタンの人気だけが独り歩きしていて、国体の認知度が低いのが悩みの種だった。
  • 兵庫県での国体開催は50年ぶり。
  • 新潟県での国体開催は45年振り。
  • 秋田国体開催の1961年には体育振興の功績で秋田県文化功労章を受章している。
  • 国民体育大会テニス競技リハーサル大会として翌年の国体開催地にて7月頃開催される。
  • その他、消防関係団体の記念行事において吏員・団員に頒布されている他、国体開催時に主催者が出場選手・関係者に頒布・授与するために制定・製作されている。
  • リレー自体は大会旗リレーとして第3回から前年国体開催地から大会旗をリレーする形で行われていて、第28回から炬火リレーと大会旗リレーが統合され開催地のみでのリレー形式となった。
  • 毎年8月または9月に翌年の国体開催都道府県で、「国体記念大会」として開かれている。
  • 次へ »