国体道路

31 の用例 (0.00 秒)
  • 熊本東バイパスや国体道路、熊本ICなど、道路は比較的整備されており自動車交通の要衝となっているものの、他方、軌道系交通機関がなく公共交通機関はバスに頼らざるを得ない状況である。
  • このうち、JR和歌山駅より紀勢本線に平行して紀三井寺に至る区間は、通称国体道路と呼ばれている。
  • かつ、操車場跡地は和歌山市内の主要幹線道路である国体道路に面しており、和歌山県の玄関であるJR和歌山駅からも非常に近くにあるなど、立地条件が非常に優れていた。
  • 起点の卸売市場・鮮魚市場から国体道路と交差する警固交差点までの約1kmは天神の西側を南下する。
  • 県道553号を南下すると国体道路に突き当たる。
  • 厳密には国体道路で分断された、奉還町一丁目周辺を含み、また奉還町一丁目、奉還町二丁目が奉還町商店街で、島田筋を挟んだ奉還町三丁目、奉還町四丁目は西奉還町商店街である。
  • 南東端は国体道路にほぼ接しており、櫛田神社西門やキャナルシティ博多に直結する歩道橋のエスカレーターがある。
  • 現在、空港ターミナルの跡地は熊本県立大学のキャンパスとなり、滑走路の南側の一部は片側一車線の道路として転用されたが、のちの1999年に「国体道路」の一部として取り込まれた際に片側二車線に拡幅された。
  • 天神地区の有名な通りとして、渡辺通り、天神西通り、親富孝通り、きらめき通り、明治通り、昭和通り、国体道路などがある。
  • なお、国体道路上の「天神一丁目」「天神警固神社・三越前」バス停、ならびに下記バス停の外側にある停留所は「天神地区」のバス停には含めて案内していない。
  • 厳密には住所表記に「天神」が付く天神1 - 5丁目を指すもので、親富孝通り - 天神西通り、那の津通り、国体道路、那珂川・薬院新川で囲まれたエリアを指す。