国体道路

31 の用例 (0.00 秒)
  • 国体道路とは国民体育大会に合わせて整備された道路の愛称である。
  • 国体道路に面する地区北側は天神や中洲に近い立地のため飲食店も多い。
  • 駅のすぐ西にある渡辺通4丁目交差点で国体道路と渡辺通りが直交している。
  • 国体道路を東に進めば春吉橋で中洲に渡り、西に進めば三光橋で天神に至る。
  • 国体道路沿いは天神と中洲を結ぶ主要な道路であるため夜も喧噪が絶えず交通量も多い。
  • 国体道路交差点横の小山が城跡であるが、道路建設や開発などで破壊されており、保存状態は悪い。
  • ひとたび国体道路から町中に入れば意外なほどの静寂となる。
  • 主に徳島市では、1953年に開催された四国国体に合わせて道路が整備されたことから、国体道路と呼称される。
  • その名の通り天神の西寄り、明治通り交点の天神西交差点から国体道路の中央児童会館前までを南北に走る通り。
  • 西に国体道路が通り、利根川に架かる上毛大橋の東詰にあたる。
  • また、神戸市道路公社のHPにも、国体道路の南側の二宮橋の筋が山手幹線と記載されている。
  • 中洲エリアの南端に位置し、北を国体道路、東を博多川、南及び西を那珂川に囲まれている。
  • 北西端は明治時代の海岸線にほぼ相当する那の津通り近辺、南東端はかつて房州堀が存在した国体道路近辺となる。
  • これにより市外県外からの見物客が増大することとなったが、一方では国体道路の幅員の狭さによる危険度が問題視されることとなり、1988年からはどんたく広場は幅員の広い明治通りへ移った。
  • なお、岡山市による愛称命名以前より1962年の岡山国体以後、岡山駅西口より岡山県総合グラウンドに沿った区間は国体道路と通称されていた。
  • これは、国体道路が開通したときに、帯山四丁目の範囲を国体道路以南と確定したためである。
  • 東は住吉通りに連絡し、国体道路とともに福岡市都心部の東西を連絡する道路で、全線が片側2車線で整備されている。
  • 福岡市の中心部に設定された福岡都心100円エリア内を、博多駅からキャナルシティ・国体道路・天神・明治通り・大博通り経由で循環する路線である。
  • 大会にあわせ松本市では松本駅の新築、やまびこ国体道路の開通などの大規模なインフラ整備行われた。
  • 北西から昭和通り・明治通り・国体道路が当該地域を貫き、それらに直角に交る中洲中央通りが中洲の歓楽街の中心となる。
  • 次へ »