国体明徴

121 の用例 (0.01 秒)
  • 翌年は二・二六事件が勃発、時代は国体明徴運動へと大きく迷走していった。
  • 国体明徴の声はあらゆる意味における挙国一致の手段だったとさえいうことが出来る。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 同じ国体明徴でも、たとえば当時の海軍の青少年将校達のものを取って見よ。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 国粋主義的な政治思想の持ち主で、晩年には国体明徴運動を熱心に推進していた。
  • 挙国一致という言葉は、いうまでもなく国体明徴という言葉と深い関係がある。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 天皇が国体明徴の運動にたいして批判的なのは、つまりは側近のせいなのである。 半藤一利『聖断 天皇と鈴木貫太郎』より引用
  • 国体明徴はこの時すでに挙国一致というわけに行かなくなった。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 国体明徴が政友会のためを思ってのことであることは、無論非常に結構なことだ。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • ところが、国体明徴問題は、天皇の心労をよそに意外な方向に発展して行った。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • 例えば一方が国体明徴・積極財政と行けば、他方は国防・財政・産業の三全主義と行くだけの差だ。 戸坂潤『日本イデオロギー論』より引用
  • 処が、この策謀する新官僚が一向国体明徴に熱心でないのはどうしたことだろうか。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 政府が国体明徴の声明を出したのは一九三五年八月三日であるが、この運動はそれ以後新しい段階に這入ったと見ていい。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 国体明徴は日本そのものの関係だ、挙国一致はこれに反して日本の政党の関係だといわぬばかりである。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 現代の日本に於ける文化統制の内で、最も典型的なものは所謂国体明徴運動である。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 国体明徴声明に対しては軍部に不信感を持ち「安心が出來ぬと云ふ事になる」と言っていた。
  • 国体明徴運動の指導者のひとりとして知られる。
  • 処がこう実践的な形に直して見ると、やがて本当の国体明徴論の意義が却って初めて明らかになって来る。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 博士はその著作が国体明徴の精神に反するという理由で起訴され、著作は発禁になりました。 石田英一郎『日本文化論』より引用
  • これについて岡田首相は、翌年の議会で取り上げられた国体明徴論と合わせて、政党人の自己否定につながる行為であったと批判している。
  • と云うのは、山本悌二郎委員長以下からなる政友会の国体明徴委員会は、次のような質問書を首相あて発送したのである。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • 次へ »

国体明徴 の使われ方