国体少年

33 の用例 (0.00 秒)
  • さらには国体少年男子の部でも神奈川県チームの優勝に貢献した。
  • 同年のなみはや国体少年の部バンタム級では榎洋之らを倒し準優勝した。
  • 大木は前年の全国高校総体と国体少年Aの女子400mの優勝者である。
  • 国体少年の部では石川県チームの準優勝に貢献した。
  • 国体少年男子の部でも千葉県の優勝に貢献した。
  • 国体少年男子の部では神奈川県の優勝に貢献した。
  • 高校2年になると、10月の国体少年女子の部で3位となった。
  • 横浜市立中田中学校を卒業後、能城工業高校に進学、高校1年の時から国体少年男子代表に選ばれた。
  • 全日本ジュニアでは3位だったが、国体少年男子の部では2連覇を果たした。
  • さらに、国体少年女子の部では茨城を2年連続優勝に導いた。
  • また、国体少年男子の部と新人体重別86kg級でも優勝した。
  • 柴田高校時代には総体9位、国体少年B3位などの成績を残した。
  • なお、JABF公式試合としてはインターハイ及び高校選抜でのみ実施され、国体少年の部では実施されない。
  • 高校3年時にはジュニア・インターハイ・国体少年女子Aの100mで三冠を達成する。
  • また2020年の東京オリンピックに向けて、国体少年の部の出場枠を地域ブロックから都道府県代表へ拡充する案が提示されると、多数の賛成が得られた。
  • かながわ・ゆめ国体少年フライ級、選抜も制し高校3冠を達成した。
  • 地元の板柳中学校から名門の埼玉栄高校相撲部へ進み、3年生の時に国体少年の部で優勝した。
  • 高校3年次には千葉県選抜としてふくしま国体少年部門優勝、U-18日本代表にも選ばれた。
  • 同年高1のときからレギュラーに抜擢され中心選手として活躍し、同年度の山口国体少年の部3位、高円宮杯では2連覇などに貢献した。
  • 選手としては国体少年の部、インターハイで優勝経験があるほか、全日本選手権やインカレで入賞するなど国内で活躍する。
  • 次へ »