国体出場

23 の用例 (0.00 秒)
  • 部活動では国体出場、インターハイ優勝などの経歴を持つボート部が強い。
  • また、陸上競技部も同じ年に初のインターハイ、国体出場と部活動も盛んである。
  • 部活動では、運動部のボート部が国体出場の常連である。
  • 学生時代は競輪部のキャプテンを務め、国体出場経験もある。
  • 高校時代から山登りをはじめ、国体出場5回の経験を持つ。
  • 剛柔流空手八段をはじめあらゆる武道に精通し、野球や陸上競技でも国体出場経験を持つ。
  • 古川女子高校ではソフトボールの遊撃手としてインターハイにも出場し、社会人時代を含めて5度の国体出場を果たした。
  • 国体出場や全国大会レベルの実績を持つクラブも多くあり、運動部ではラグビー部、少林寺拳法部、水泳部が過去に各々全国優勝を経験している。
  • 国体出場は、1992年の第47回大会以来20年ぶり。
  • 中学時代にバスケットボールを始め、高校在学中はバスケットボール部キャプテンとして国体出場経験を持つ。
  • 父は東レ九鱗会の元選手、母は高校時代に国体出場経験を持つというバレーボール一家の次女として生まれ、小学校5年生の時にバレーボールを始める。
  • 国体出場には惜しくも届かず、「ここまでだな」と限界を感じたことから、1968年に落語へと転身した。
  • 高校時代は国体出場歴もある。
  • 同大学の副主将を務めながら、全日本大学グレコローマンスタイル選手権大会3位、西日本学生選手権フリースタイル準優勝、国体出場などの成績を残す。
  • 高校時代は、茨城県立江戸崎西高等学校で馬術部に所属、高校3年次には滋賀国体で優勝し高校3年間連続国体出場と滋賀国体の優勝で茨城県より表彰される。
  • 陸上、体操、山岳、弓道部は北信越大会、個人あるいは団体での高校総体、国体出場など安定した高い実績を継続的に残しており、近年は少林寺拳法も目覚しい活躍をみせている。
  • タイの国体出場を目指すバレーボール選手のジュンとモンは、「オカマ」であることを理由に仲間から蔑まれ、地区選抜にすら出させてもらえない。
  • 多彩な趣味も有名で、陶芸、釣り、ビリヤードなどの他、野球ではチーム「藤原」を結成して東京都代表として1969年長崎国体出場、建築設計では自宅の他に知人の屋敷や民芸館を設計、麻雀では色川武大からも「旦那芸としては、玄人に近いレベル」と評された。
  • 大分国体出場を経て、2009年4月岡山シーガルズ入部、2009年1月のVプレミアリーグで内定選手として公式戦デビューを果たした。
  • レスリングでのインターハイ&国体出場、プロキックボクシング2戦2勝の経験を活かした独自の格闘技理論を展開する。
  • 次へ »