国体優勝

40 の用例 (0.00 秒)
  • 過去に国体優勝や日本サッカーリーグ2部に所属した経験を持つ。
  • 山口県の誠英高に進学し、2008年おおいた国体優勝に大きく貢献した。
  • 国体優勝時は当時アマの第一人者である中村真司を一蹴する勝ち方を見せた。
  • 甲子園の高校野球だけでなく国体優勝等、広く活躍している。
  • 南京都高等学校でボクシングを始め、3年次に国体優勝を果たす。
  • 国体優勝をはじめ、全国大会で数々の上位入賞を誇っている。
  • 卒業後は近大、大阪ディノニクスに進み、いずれのチームでも国体優勝に貢献する。
  • バスケットボール部は旧第一高校時代に第2回国体優勝、野球部は旧制一中時代を含め3度の夏の甲子園に出場した。
  • 国体優勝の褒美で、祝勝ハワイ旅行で初めて子供の頃から憧れたアメリカの土を踏む。
  • 国体優勝者や箱根駅伝出場者などを輩出している。
  • クラブチーム「マインドバース」に所属し、愛知県選抜として国体優勝を経験した。
  • また1965年には大橋謙三ら東洋工業の選手他で編成された「アカシアクラブ」のメンバーとして国体優勝をしている。
  • 九州女子高等学校時代はソフトボール部の遊撃手として活躍し、インターハイ準優勝、国体優勝と輝かしい成績を残した。
  • しかし創部当初の目的であるみやぎ国体優勝を達成したため、その存在意義があいまいになり、廃部の噂がつきまとうようになった。
  • 全国タイトルはその他にも、国体優勝4回、明治神宮競技大会優勝1回があり、甲子園全国大会と合わせて計16回は全国最多である。
  • 後進の指導に情熱を注ぐため灘町の吉祥院の近くに道場を借り少年達に柔道を教えていたが、米中と警察に柔道教師の職を得て、県柔道大会で個人優勝を飾ってから以後連続して団体優勝、1928年東京高師主催の全国大会では国体優勝と個人優勝の二冠を飾り全国制覇を成し遂げ、米中柔道部の黄金時代を築いた。
  • 扇城高校時代は、サウスポーのライトプレーヤーとして活躍、1987年、春高・インターハイ・国体優勝の高校三冠を達成した。
  • 全国高等学校ホッケー選手権大会優勝4回、国体優勝4回を誇り、オリンピック選手も多数輩出している名門部である。
  • 松井は、国体決勝戦の対尽誠学園戦の最後の打席で高校通算60号の本塁打を放つなどの活躍により、星稜高校は国体優勝し前年の明治神宮野球大会に続くシーズン二冠を達成した。
  • 観音寺一高に進学後も、100メートルハードルで高校総体2位、国体優勝の実績を残した。
  • 次へ »