国体の開催

25 の用例 (0.00 秒)
  • 最も多いのは、都道府県旗と同様に国体の開催に合わせて制定された事例である。
  • 前大会をもって国体の開催都道府県が全国を一巡し、本大会より二巡目に入る。
  • 本大会をもって国体の開催都道府県が全国を一巡し、来年から二巡目に入る。
  • 以降、開催は秋季国体の開催終了後に国体の会場と同じ施設を使って2日間に渡り開催された。
  • 周辺地域・自治体から大きな反対が起きなかった要因としては大部分を併走するバス路線でカバーできることと、国体の開催に向けた道路整備の優先を重んじたことが挙げられる。
  • わかふじ国体の開催を記念し、サッカー日本代表の練習拠点と、国体のサッカー競技開催を目的に建設された。
  • 元は北区の扇町公園の敷地内にあったが、施設老朽化と1997年国民体育大会・なみはや国体の開催に備えて施設の移転・拡充を行った。
  • 現在は中央に県章を配したものが主に使用されているが、四国国体の開催からしばらくは暫定的に県章を左上に配置して右下に「高知」と県名を大書するデザインも使用されていた。
  • CDは県の普及事業を通じて何度か県内の学校や図書館用の非売品が製作されており、2014年にはやまがた樹氷国体の開催に合わせて県のサイトでも歌詞と楽譜および試聴用の音源が掲載されるようになった。
  • 同国体の開催と同時に恩田プール、俵田翁記念体育館等が整備され、現在の公園の核となっている。
  • かつては開業時に建てられた木造の大きな駅舎があり、手入れも比較的良好であったが、岡山国体の開催を機に2005年2月コンクリート製のものに改築された。
  • とらまる公園内にある体育館は1993年の東四国国体の開催に合わせて香川県の事業により建設され、1991年8月に完成した。
  • 金沢市中心部、兼六園に隣接する旧陸軍出羽町練兵場の公用地に、石川国体の開催に合わせて1947年10月25日に完成した。
  • 元々は河口湖大橋の北側付近に艇庫・桟橋があったものの、1986年の山梨国体の開催が決まった際、その大会規模に対して当時の設備が小さすぎることから、現在の場所に移転・拡大された。
  • おおいた国体の開催に合わせて開通した。
  • おおいた国体の開催を見据えて2003年3月に陸上競技用トラック9レーンを増設した。
  • 熊本国体の開催年に熊本商科大学に招聘され、以後46年間にわたり指導にあたる。
  • 山口国体の開催に合わせて無料の自動車専用道路として建設され、2011年7月31日に暫定2車線の自動車専用道路で開通した。
  • 中心部である本町や古町周辺は古い中州の上に存在しており、かつて縦横に堀が張り巡らされていたが、1巡目の新潟国体の開催を機に全て埋め立てられ、道路網に取って代わられている。
  • おおいた国体の開催に合わせるため、2008年8月11日よりフルIC化された。
  • 次へ »